5000万円以上・準富裕層の資産運用

貯金5000万円を超えたら何に投資する!?準富裕層に到達したサラリーマンにおすすめ資産運用法を紹介する。

2022年5月19日

サラリーマンとして資産5000万円を保有している世帯は、実はそこまで珍しくありません。

総合商社やデベロッパーや広告代理店の給与は高いですし、その他の業種でも海外に何度も駐在している方であれば十分貯蓄可能な水準です。

関連:準富裕層の称号:金融資産5000万円以上が見えてくる条件とは?配当・運用生活で精神的余裕を持って暮らせる日々に到達するにはどうすれば良いのか。

 

実際、筆者の大学の友人で総合商社に勤務している方は、駐在から帰ってきて30歳前半にして資産が3000万円という水準です。

彼らの上司の中には貯蓄だけで5000万円以上の資産を保有している方は相当数いると聞いています。

 

また、サラリーマンとしての給与だけでなく密かに行なっている副業で順調に稼いで5000万円の資産を購入している方もいらっしゃいます。

最近は個人でもアフィリエイト収入や「せどり」だけでなく、AirBnBなどで稼いでいる方もいらっしゃいます。

5000万円といえば、ミリオネアの一歩手前の基準です。

 

ここから更に5000万円を蓄えて貯蓄の力だけで1億円を達成するという方法もありますが、正直それは機会損失です。

 

投資による収益は元本が大きければ大きいほど物を言う世界です。

5000万円もの元本があれば今までの時間の半分もかからず1億円を達成することが十分に可能となります。

 

この記事ではサラリーマンで5000万円という大金を蓄えられている皆さんに向けて、何故投資が必要なのかという根拠をお伝えした上で、投資をする際に必要となる考え方についてお伝えしていきたいと思います。

サラリーマンでなくても、運用に関する本質的なポイントは同様なので、ぜひ参考にしてみてください。

 

【2022年】日本国内の優良ヘッジファンド(&投資信託)のおすすめ先を紹介!選択に必要な知識と魅力的な金融商品をランキング形式で初心者にもわかりやすく解説
【2022年】日本国内の優良ヘッジファンド(&投資信託)のおすすめ先を紹介!選択に必要な知識と魅力的な金融商品をランキング形式で初心者にもわかりやすく解説

続きを見る

 

 

収入が伸びるよりも高い利率で資本は成長していく

まず最初に資本主義経済の減速についてお伝えしていこうと思います.

2015年に話題となったトマ・ピケティの「21世紀の資本論」は投資の重要性と格差問題について触れた名著として世間を騒がせました。

 

彼は有史以来の各国のデータを収集して、収入の増加を一貫して資本所得の増加が上回っていることを実証しました。彼が発表した有名な不等式は以下となります。

 

r(資本収益率) > g(労働収入増加率)

 

r(資本収益率) > g (経済成長率)

 

つまり、労働による給与の上昇率は毎年良い時で約3%程度しか上昇しません。しかし歴史上基本的には2%程度の上昇しかしないのです。

米国では毎年給与が上昇していますが、日本では残念ながら給与所得は横ばいです。

皆さんは実感していると思いますが、ほとんど給与テーブルが上昇するベースアップは実施されません。

増えない日本の勤労所得と金融所得

 

一方で資本収入、つまり投資によるリターンは一貫して4%-5%を推移しています。実際に世界の株価指数の平均的な成績は4%-5%程度で推移しています。

労働で収入を増やすよりも、投資で資産を構築していく方が素早く資産を育てることができるのです。

資本収入は資本収益率と資産を掛け合わせることで導かれます。

 

資産が1000万円で資本収益率が5%であれば年間の資本収入は50万円となります。

資産が5000万円という水準となれば、資本収益率が5%であれば資本収入は250万円という水準になります。

仮に10%の資本収益率を実現できれば500万円の資本収入を獲得することができます。

そして更に複利の力を味方につけることで指数関数的に資産を増加させることができるのです。

 

追加投資しながら複利の力を借りて早急に1億円を達成することが可能

今までで5000万円の資産を構築された方でしたら、最低でも年間300万円を追加投資が可能となります。

投資で増えた分を引き出さずに、更に300万円ずつ毎年追加投資して運用していった場合、早急に1億円を達成することができます。

運用利回りを5%、7%、10%で運用した場合を考えましょう。(参照:個人投資家が目指すべき投資利回りは10パーセントが妥当?狙うべきリターンと投資先を検証する。)

5000万円を5%、7%、10%で運用した場合

 

5% 7% 10%
1年後 5550 5650 5800
2年後 6128 6346 6680
3年後 6734 7090 7648
4年後 7371 7886 8713
5年後 8039 8738 9884
6年後 8741 9650 11172
7年後 9478 10625 12590
8年後 10252 11669 14149

 

10%で運用できた場合は僅か6年後に、5%で運用となった場合でも8年後に1億円の資産を形成することができます。

実際、筆者も5000万円を達成してから1億円に到達するまでは非常に早く僅か5年でした。

 

資本政策コラム:いくら金融資産があればリタイアできる?

5000万円構築できた方は正直リタイアを視野に入れている方は多いかと思います。

老後2000万円問題が2019年に世間を賑わせましたが正直言って現実的な数字ではありません。

 

全国平均で清貧に暮らした場合の数値です。

東京で賃貸で生活する場合に必要な老後資産は最低でも1億円という水準になります。

 

更に、まだ子供を養っている勤労世帯に関しては2億円から3億円は完全リタイアするのであれば必要になってきます。

その根拠については以下の記事で詳しくお伝えしていますので興味のある方はご覧いただければと思います。

実際の数値に落とし込んで算出しています。

 

 

安易にFXに手をだすのは危険!カモにされる個人投資家の実態とは?

よし!投資をはじめようと考えた時に最初に思い浮かぶのがFXではないでしょうか?

しかし、残念ながらFXは投資と呼べる代物ではありません。FXは上がるか下がるを当てるゲームですので投機といえます。

誰かが儲かった分、誰かが損するわけですからね。

 

一方、株式は株式市場全体として資本主義が始まって以来増加しているので、極論すると全員が儲けることが可能となります。

このように全員が利益を上げることが可能なものを投資と呼びます。

 

話をFXに戻します。先ほど、FXでは勝っている人の金額と同等に負けている人が存在しています。その中で強い属性の人と弱い属性の人がります。

強い属性の人は資金力があり、情報も絶えず入ってくる銀行やヘッジファンド等の機関投資家のトレーダーです。一方でカモにされているのが個人の投資家たちなのです。

 

実際に全国の現役FXトレーダー1,000名を対象とした調査で以下の結果をみると、多くの人がFXのトータルの損益はマイナスと答えています。

 

FXにおいて弱い個人投資家というデータ

 

銀行はあらゆる人たちから注文を受けるので、どこに注文が集中しているかを知っています。つまり、相手の手札をしりながらポーカーをしているようなものなのです。

また、資金力のあるヘッジファンド等の機関投資家は、大きな資金力で相場そのものを動かすことが可能となります。

 

一方、個人には武器がありません。戦場に木の棒で挑みに行くようなものなのです。安易にFXに手を出して大事な資産を失うことだけは避けるようにしましょう。

→ FX(外国為替証拠金取引)で1000万以上を運用するのは絶対NG。通貨取引で資産を溶かしてしまう前に、適切な投資先を選ぼう!

 

 

サラリーマンが個別株投資を行うのは危険!

ではやはり株式投資をしようと意気込まれる気持ちも分かります。

しかし、いきなり個別株投資に手を出すのは危険です。

 

エリートだから株式投資も優秀とは限らない

サラリーマンで資産5000万円を保有している方は、所謂進学校から一流大学に入って、高給企業に入社した方が殆どだと思います。

人生であまり失敗した経験がなく、正直無敵感を持っている方が多いのではないでしょうか?

 

筆者も20代の時は万能感を持っていました。そして安易に株式投資でも成功すると考えていたのです。しかし、当然株式投資の世界にもプロフェッショナルが存在します。

そんなプロが運用するアクティブ型の投資信託でも株価指数に劣後する成績となってしまっているのです。

信託報酬を支払った後のインデックス型とアクティブ型のシャープレシオの分布

 

→ インデックス型投信(=パッシブ)とアクティブ型投資信託はどっちがおすすめ?成績や手数料を中心に金融庁データをもとに徹底比較!

 

ただ、筆者も万能感に支配されていたので、いきなり何の勉強をすることもなく個別株投資に手をだしました。

投資と勉強は別物だったのです。

 

実際、様々なデータがありますが個人投資家で勝っている人は多い統計でも3割、少ない場合では1割というレベルになっています。

勝てるゲームだからといっても、素人が即勝てるような簡単なものではないのです。

→ 個別株への投資は難しい?悲惨な結果でもうダメとなる前に!平均的にインデックスに勝てない理由をわかりやすくお伝えする。

 

精神的余裕もなくなり本業に悪影響となる

筆者は自分に対する過信でいきなり個別株投資に手を出した結果、マイナス200万円もの大きな痛手を被りました。

買えば買うほど損失が膨らみ、もう耐えられないと損切りをした翌日から反転して上昇していった時は悔しくて悔しくて吐き気すら催しました。

 

正直、含み損を抱えている時は精神状態も不安定になり仕事にも悪影響が出ます。

負けると取り返したいという気持ちから、また銘柄を購入して更に含み損を抱えて苦しいという繰り返しです。

精神的に本当に苦しい期間がつづきました。

 

5000万円を資産運用する胆力を持つには時間がかかる

また、想像していただければわかると思いますが、いきなり5000万円を一括で資産運用する胆力がある方はなかなかいらっしゃらないと思います。

 

5000万円投資して20%下落しただけで、1000万円を失ってしまいますからね。

仮に今から個別株投資の勉強を始めてPDCAを回していくとしても、200万円-300万円からスタートした方が賢明です。

 

含み損1000万円も抱えてしまえば手取り1年分以上のお金を失ってしまうことになります。まさに茫然自失状態となるでしょう。

後続の、今流行のインデックスファンドなんかでの運用は、必ず-20%以上の暴落に見舞われるので実は相当の覚悟が必要なのです。

 

少額から鍛錬を始めて5000万円を運用できるようになるまでは多くの時間を要します。個人差はありますが、もし運用自体に向いていない場合は、丸々その時間を無駄にしますし、大事な資産を減らしてしまう可能性があります。

運用で経験を積んでいるその間の機会損失は非常に勿体無いということにもなります。

そもそも本業の仕事と両立できるようなものではありません。

 

どういうわけか、株式相場とはNBAに混じってバスケットボールをプレイするようなものなのに、初心者の方も自分はプロだと思い込んで大金を振り込みます。

簡単に試合に出れるのが良くないのかもしれません。ネット証券の進出で、より株取引が身近になってしまいましたしね。

 

結論、これだけ株式投資は身近になりましたが、99%以上の人は株式投資はしない方が良いです。才能と血の滲む努力が必要です。

では、株式投資をしたいけれど、してはダメと言われて八方塞がりの人はどうすれば良いのでしょうか?(尚、筆者も同じ状況でした)

 

信頼できるプロに任せよう!

FXは危険だし、個人での個別株投資はいきなりは危険であると申し上げてきました。

では考えられる最も魅力的な選択肢はプロに任せるということです。ただ、先ほどお伝えした通りアクティブ型の投資信託の成績は株価指数以下のリターンとなっています。

過去に素晴らしい成績を残している「ひふみ投信」ですら日経平均に劣後する成績になっています。

 

 

では株価指数に連動する商品に投資をすればよいのではないか?

と考えられた方も多いと思います。確かに株価指数に20年以上投資するのであれば殆どの確率でリターンはプラスとなります。

しかし10年投資した場合はマイナスになる可能性があるのです。

 

日経平均はいまだに30年前のバブル最高値を超えれていません。

また、以下の通り最高のパフォーマンスを残している米国株のS&P500指数でも10年間投資してマイナスとなる時もあります。

S&P500指数の30年間の平均リターン

 

場合によっては、リーマンショックのような時にあたって40%近い資産を失うことになることもあります。

一時的だとしても、当時もしインデックスを保有していた場合、怖くなって狼狽売りしてしまう可能性が高いです。

そして、現在からしばらくインデックスは辛い状況になることが考えられます。

 

以下の通り株式市場は調子の良い時期と悪い時期が交互で訪れています。

そして、現在は2020年から2021年のバブルを清算する時期になっており、正直厳しい環境が続くことが想定されています。

株式市場は調子が良い時期と悪い時期が交互に訪れる

ここから通常のインデックス投資を行うのは必ずしも優れた選択肢ではないのです。

そもそも皆が米国株インデックスに投資を始めた時点で天井だったのです。

 

精神的余裕を持ちながらサラリーマンの方の資産運用に向いている投資先というのは以下のような投資先です。

 

  • 株価暴落時に資産をしっかり守れる
  • 毎年5%-10%のリターンを安定的に出している

 

このような投資先として注目されているのがヘッジファンドという選択肢です。ヘッジファンドは世界株よりもS&P500指数よりも高いリターンをリスクが低く叩き出しています。

ヘッジファンドとは?

 

 

リスクとは価格の値動きの変動幅のことです。ヘッジファンドは乱高下を抑えながら右肩上がりにリターンをだしているのです。

 

【2022年】日本国内の優良ヘッジファンド(&投資信託)のおすすめ先を紹介!選択に必要な知識と魅力的な金融商品をランキング形式で初心者にもわかりやすく解説
【2022年】日本国内の優良ヘッジファンド(&投資信託)のおすすめ先を紹介!選択に必要な知識と魅力的な金融商品をランキング形式で初心者にもわかりやすく解説

続きを見る

 

筆者も投資している国内ヘッジファンド「BMキャピタル」とは?

ヘッジファンドときけば海外のファンドのことを想定する方が多いかと思います。

しかし、著名なレイダリオが運用するブリッジウォーターアソシエイツや、シモンズが運用するルネッサンステクノロジーは基本的に機関投資家からの資金しか受け入れていません。

 

以下はブリッジウォーターの出資基準ですが、資金が75億ドルつまり1兆円以上の金融資産を保有していることが出資の条件となっています。

個人だと孫正義氏や柳井正氏しか投資できませんね。

 

Bridgewater, founded in 1975 by Ray Dalio, the billionaire investor, generally requires that clients have at least $7.5 billion of investable assets in order to put money into the hedge fund.

New York Time

 

ただ、ブリッジウォーターと同様の成績をだしているヘッジファンドは日本国内にも存在しています。

筆者が投資しているBMキャピタルは国内最大のヘッジファンドで運用歴は10年を超え、運用実績はブリッジウォーターと非常に似ています。

 

BMキャピタルの特徴

  • 運用開始後10年間マイナスリターンはなし
  • 年率平均10%以上の安定したリターン
  • 運用者は東大卒で英国系外資証券会社(バークレイズ)出身、現役で上場企業の取締役も務めるエリート

 

BMキャピタルは敷居が低く、1000万円以上あれば出資を行うことが可能となり個人投資家の手も届きます。

運用手法は伝統的なバリュー株投資で下落を回避しながら、「物言う株主」として能動的にリターンを狙いにいっています。

 

ヘッジファンドは戦略や運用実績といった点の秘匿性が高くウェブ上では詳細な情報を取得することはできません。

詳しい情報や内容は公式サイトから問い合わせて、対面またはズームで面談して取得することができます。

興味のある方は一度お気軽に尋ねてみるとよいでしょう。

BMキャピタル

 

>もっと詳しくBMキャピタルについて詳しく知りたい方は以下を参考にしてください。

【BMキャピタル】日本国内ヘッジファンド「BM CAPITAL」の実態とは?運用実績や投資手法を実際の投資家がわかりやすく解説!
【BMキャピタル】年利10パーセント?日本国内ヘッジファンド「BM CAPITAL」の実態とは?運用実績や投資手法を実際の投資家がわかりやすく解説!

続きを見る

 

まとめ

今回のポイントについて纏めると以下となります。

  • 労働収入の増加より資本収入の増加の方が早い
  • 投資をすれば遅くとも8年以内に1億円構築が可能
  • 投機であるFXに手を出すのは危険
  • いきなり大金で個別株投資をするのは危険
  • 株価指数は10年だと報われない可能性がある
  • アクティブ型投信は株価指数以下の成績
  • ヘッジファンドという選択肢を考慮に。

 

 

 

 

締め括り

 

堅実複利運用

おすすめ投資先ランキング

長期で資産を着実に育てる

 

資産運用で資産を増やす方法は様々あります。効率を求めるのであれば、株式投資が最良の選択肢であることは疑いようのない事実です。

過去の歴史を見ると、それは火を見るより明らかです。「市場が伸びるところ」が最も効率よいです。苦労なく成果を挙げられます。

 

各資産の超長期リターン

 

しかし、株式投資も医者になるくらい勉強をしなければ勝てません。であれば、我々は早々にリスクの高い個別株投資という選択肢は捨てるべきです。

そして、投資のプロが運用する「ファンド」(投資信託、ETF、ヘッジファンド)を選ぶべきなのです。

ここでファンド選びが最も大切です。長年、筆者も資産運用を実施してきました。

 

結局は絶対にマイナスになる年を作らない、小さい利回りでも良いのでしっかりプラスを出す、それを長年続けるファンド。このようなファンドを活用することがベストプラクティスであり、正しい資産運用です。資産が強烈に伸びていきます。

 

上記の条件を主眼に置きながら、筆者のポートフォリオを構成するファンドを中心にランキング記事を作成してみましたので参考にしてみてください。

 

堅実複利運用

おすすめ投資先ランキング

長期で資産を着実に育てる

 

-5000万円以上・準富裕層の資産運用