za

暴落に弱く長年インデックスに負けている「さわかみファンド」への投資は魅力あり?さわかみ投信の旗艦ファンドを評価してみる。

日本の投資信託(含むETF)分析

暴落に弱く長年インデックスに負けている「さわかみファンド」への投資は魅力あり?さわかみ投信の旗艦ファンドを評価してみる。

2022/5/24  

日本には様々な独立系投資信託が存在していますが最も歴史がふるいものが「さわかみ投信」です。 さわかみ投信は澤上篤人氏によって1996年に設立されました。彼はパナソニック退職後に以下の経歴を辿りました。 ...

no image

5000万円以上・準富裕層の資産運用

金融資産6000万円あれば運用だけで生活は可能なのか?ミニリタイア・セミリタイア・完全リタイアのそれぞれの可能性を検証。サラリーマンを続けながら富裕層を目指す?

2022/5/20  

6000万円に資産が到達する人というのは非常に少ないです。   野村総研の富裕層ピラミッドを見ても、5000万円以上の資産がある人を準富裕層と呼びます。 準富裕層世帯は日本で5402万世帯の ...

no image

日本の投資信託(含むETF)分析

【愛称:厳選投資】評判の投資信託「スパークス・新・国際優良日本株ファンド」を徹底評価!今後の見通しとは?

2022/5/24  

スパークス・新・国際優良日本株ファンドは日本のグローバル企業に投資をしている投資信託です。 SPARX社によって運用されており愛称は厳選投資という名前で親しまれています。   名前が非常に厳 ...

no image

BMキャピタル(BM CAPITAL)

BMキャピタルの組み入れ銘柄は?過去のバリュー株投資事例(アクティビスト活動含む)

2022/5/20  

BMキャピタルは私募ファンドであり、組み入れ銘柄などを公開することは強制されていません。 同社はアクティビスト活動も行なっており、リアルタイムで銘柄を公開することにメリットは全くありませんが、過去の運 ...

no image

BMキャピタル(BM CAPITAL)

東京大学卒ファンドマネジャーが運用するBMキャピタルの会社概要を総括。森山武利氏を始め経営体制も外資系投資銀行、総合商社など出身者で運営

2022/5/20  

BMキャピタルは2013年より国内ヘッジファンドとして運用を開始し、10年近くが経過しています。 もうすでに国内では老舗のヘッジファンドと言えるほど運営期間は長く、その運用における実績は確固たるものと ...

no image

BMキャピタル(BM CAPITAL)

BMキャピタルの気になる評判や口コミとは?老舗ヘッジファンド「BM CAPITAL」の口コミを紹介する!

2022/5/20  

BMキャピタルは日本のヘッジファンドの先駆けとして運用開始から9年目に突入しています。 既に運用資産額は50億円以上に上っており、筆者を含めて多くの方が投資をしている歴史のあるファンドとなってきていま ...

no image

5000万円以上・準富裕層の資産運用

貯金5000万円を保有するサラリーマンにおすすめの資産運用法とは?精神的余裕を持ちながら投資をしよう!

2022/5/20  

サラリーマンとして資産5000万円を保有している世帯は珍しくありません。 総合商社やデベロッパーや広告代理店の給与は高いですし、その他の業種でも海外に何度も駐在している方であれば十分貯蓄可能な水準です ...

no image

ヘッジファンドの知識 日本の投資信託(含むETF)分析

ヘッジファンドと投資信託の違いについてわかりやすく解説!私募ファンドと公募ファンドの代表格を比較する。

2022/5/20  

一言にファンドといっても様々な形態が存在しています。様々なファンドの分類がありますが、大分類として私募ファンドと公募ファンドに分かれます。   公募ファンドの代表格として投資信託があり、私募 ...

no image

ヘッジファンドの知識

ヘッジファンド投資のリスクとは?怪しいファンドを選んで失敗しないために気をつけるべきことをわかりやすく解説

2022/5/20  

欧米の金融先進国の間で重宝されているヘッジファンド。 日本の保険会社や年金基金も積極的に活用しており。実際2018年末の時点で日本生命はヘッジファンドを含めた代替資産に2000億円を投じる方針を発表し ...

no image

日本の投資信託(含むETF)分析

やめたほうがいい?幾度の暴落を経験した「ひふみ投信(プラス)」の時代は終わった!?評判のアクティブ投信の最近の不調の原因と見通しを徹底評価!

「ひふみ投信」といえば日本のアクティブ型投信の中で最も有名な投資信託なのではないでしょうか? → インデックス型投信(=パッシブ)とアクティブ型投資信託はどっちがおすすめ?成績や手数料を中心に金融庁デ ...