中国株式市場に狙いを定めたヘッジファンド「オリエントマネジメント」を徹底評価!新興国株に投資するおすすめファンドを紹介。

ヘッジファンド

中国株式市場に狙いを定めたヘッジファンド「オリエントマネジメント」を徹底評価!新興国株に投資するおすすめファンドを紹介。

一言に株式市場といっても様々な株式市場があります。

  • 日本国内の株式市場
  • 欧州や米国の先進国株式市場
  • 新興国の株式市場

伸びる国の株式市場は当然期待が持てるというのは容易に想像がつくかと思います。つまり新興国株式市場の魅力は大きいということですね。

ただ、選ぶ国や銘柄を間違えると大きな損失を被ってしまうのも新興国株式市場の特徴ともいえます。

 

本日は新興国株式の中でも魅力が高まっている中国株式市場に狙いを定めて投資をしているヘッジファンド「オリエントマネジメント」についてお伝えしています。

 

オリエントマネジメントの公式ページ

 

筆者もハイリターンを狙って実際に投資を行なっているので参考にしていただければと思います。

 

何故、中国が魅力的なのか?

何故、中国が魅力的なのかという点をまずお伝えしていきたいと思います。

中国という国家の概要

まずは隣国中国の概要をデータでおさらいします。

名称 中華人民共和国
面積 約960万km2 (日本の約26倍、世界第3位)
人口 約14億人
首都 北京
民族 漢民族92%と55の少数民族
通過 人民元(管理フロート制)
GDP 14兆8667億ドル(日本の3倍)

 

なんといっても世界最大の人口大国であり、世界の5人に1人が中国に住んでいるということになります。

そして驚愕なのがGDPですね。私が生まれた30年以上前は当然日本は世界第2位のGDPの国でした。

 

しかし、2009年に中国にGDPを抜かされた時は衝撃とともに大きなショックを受けたのを鮮明に覚えています。

それから10年以上が経った現在、なんと中国は日本の3倍のGDPを有するまでに経済の拡大を続けているのです。

そして、2028年には米国を抜いて世界最大の経済大国になることが予想されています。

 

日本と中国と米国のGDPの推移

 

成長率はいまだに新興国の中でも高い6%以上の成長率を実現し続けています。

直近では新興国でもマイナス成長に陥ったコロナでもマイナス成長に陥らずに力強さを維持しています。

 

コロナでも力強い中国経済

 

既に世界最高峰のハイテク国家になっている

少し前の認識だと中国はまだまだ貧しい遅れた国だという認識が広がっていたことと思います。

しかし、その認識は間違っています。

以下ご覧いただきたいのですが過去5年間、国際特許の出願企業上位に複数の中国企業が占めています。1位は常に中国企業です。

 

世界の特許出願企業にしめる中国企業

 

米国にはGAFAMという世界をリードするハイテク企業群が存在しています。

G:Google
A:Apple
F:Meta Platform(旧:Facebook)
A:Amazon
M:Microsoft

しかし、日本には世界に誇れるハイテク企業というのは現在は殆どありません。

強いて言えばゲーム業界でPlaystationを手に輝かしい実績をあげているSONYが挙げられるかなというところですかね。

 

一方、中国にはBATHと呼ばれるハイテク企業群が存在しています。

以下の企業群の名前を聞いたことがある方はいらっしゃるのではないでしょうか?

B:Baidu
A:Alibaba
T:Tencent
H:Huawei

これらの企業はGAFAMほど世界に影響はありませんが、進撃の巨人として勢いよく成長を続けています。

悔しいことではありますが、既に米国に次ぐ世界第2位のハイテク先進国となっているのです。

 

独自の経済圏を築いている

世界経済に占める新興国の比率は増大しています。既に半分近くが新興国経済となっています。

世界経済に占める新興国経済の比率の推移

 

しかし、株式市場の時価総額は以下の通りとなっています。

 

世界の株式時価総額に占める新興国の比率

構成比率
北米 62.70%
日本 6.00%
欧州 15.60%
大洋州 2.70%
新興国 13.00%

なぜ、経済規模は世界の半分近くあるのに、株式市場の時価総額は15%しかないのでしょうか?

理由は単純です。新興国の経済が拡大すると購買力が増します。その増した購買力で先進国の企業が作った製品やサービスを買っていくからです。

 

つまり、成長した分を先進国の企業に吸収されていっているのです。

しかし、中国は異なります。政府が米国のFacebookやGoogleなどのサービスを規制しています。

結果として自国のサービスであるBATHなどの企業が台頭していく素地が整っていったのです。

 

つまり、中国は成長した分を自国の企業が取り込むことができるようになる仕組みが構築されています。

新興国の中で最も株式市場が期待が持てるのが中国なのです。

 

割安度が高まり続けている

中国はこの10年間快進撃をつづけていたにも関わらず、株価は横ばいを保っていました。企業の利益は増長しているにも関わらずです。

 

割安度が高まり続ける中国の株式市場

まさに日本のバブル突入前のような様相を呈しています。

割安度は世界の株式市場の中でも際立っています。

中国の株式市場は低PERで低PBRと非常に割安

 

2020年代は本格的に中国の株式市場が飛翔していく局面に突入していくと考えています。

そう考えるには理由があります。

 

現在、中国は日本のバブルに突入した1980年代と同様の経済水準です。

一部の富裕層は本当にすごいのですが14億人の平均としてみると、まだ日本の30年前の水準ということですね。

そして、日本のバブルは国民が皆んなで日本の資産を購入していったことで資産価格は急上昇していきました。

当時の日本と同様に中国国民が全員で中国の資産を買い上げていったら、とてつもない上昇を実現する可能性があると見ています。

 

何故、オリエントマネジメントを通して中国に投資をしているのか?

中国の株式市場の魅力についてお伝えしてきましたが、何故、筆者がオリエントマネジメントを通して運用しているのかという点をお伝えしていきたいと思います。

過去に新興国ファンドで実績のあるファンドマネージャーが運用

オリエントマネジメントのファンドマネージャーは別の新興国で素晴らしい運用実績があります。

他の新興国であげた運用実績(現地通貨建)は以下となります。

2018年 64.9%
2019年 77.08%
2020年 237.9%
2021年 14.2%

 

筆者は、この新興国ファンドの段階から投資にしていたので、ファンドマネージャーの腕には信頼を寄せています。

そして、ファンドマネージャーが次に目をつけたのが中国ということです。

嗅覚の優れた腕利きのファンドマネージャーが目をつけたというだけでも中国株式市場の魅力を伺いしることができます。

 

中国市場が沈んでいる局面でもプラスのリターンを叩き出す

オリエントマネジメントは2021年9月から運用を開始しています。

9-12月の3ヶ月で5.8%のリターンをあげ、2022年1月-3月も5%近いリターンをあげています。

 

では。この間の中国株式市場の現状を見てきましょう。

上海総合指数は2021年9月1日時点では3,567ポイントだったのが、現在は3,130.24ポイントと12.3%値下がりしています。

 

1年間の上海総合指数の推移

 

また、香港ハンセン指数は2021年9月の26,028.29ポイントから20,697.36ポイントと21.5%下落しています。

直近1年の香港ハンセン指数の推移

指数が下落しているなかで10%近いリターンを半年であげているのは素晴らしい実績であるといえるでしょう。

この間、中国はハイテク企業に対する制裁を行なったりコロナによるロックダウンを実行し株式市場に逆風が吹いていました。

 

しかし、これらの不透明性はいつか晴れます。その時には大きな上昇気流が中国の株式市場に吹き込みます。

逆風の中でもリターンをあげているオリエントマネジメントであれば、追い風が吹けば大きなリターンを狙うことができると期待しています。

 

オリエントマネジメントの公式ページ

 

まとめ

中国に投資をするヘッジファンド「オリエントマネジメント」の紹介をしてきました。今回のポイントをまとめると以下となります。

チェックリスト

  • 中国はGDPで既に日本の3倍、2028年には世界第一位の経済大国になることが予想されている
  • 中国はハイテク国家に成長している
  • 中国は独自の経済圏を有している
  • 株式市場は圧倒的に割安
  • オリエントマネジメントのファンドマネージャーは新興国ファンドで実績がある
  • 中国市場が弱い状況でもリターンをあげている

 

詳しい内容については問い合わせて直接聞いてみることをおすすめします!

 

お問い合わせ

締め括り

 

堅実複利運用

おすすめ投資先ランキング

長期で資産を着実に育てる

 

資産運用で資産を増やす方法は様々あります。効率を求めるのであれば、株式投資が最良の選択肢であることは疑いようのない事実です。

過去の歴史を見ると、それは火を見るより明らかです。「市場が伸びるところ」が最も効率よいです。苦労なく成果を挙げられます。

 

各資産の超長期リターン

 

しかし、株式投資も医者になるくらい勉強をしなければ勝てません。であれば、我々は早々にリスクの高い個別株投資という選択肢は捨てるべきです。

そして、投資のプロが運用する「ファンド」(投資信託、ETF、ヘッジファンド)を選ぶべきなのです。

ここでファンド選びが最も大切です。長年、筆者も資産運用を実施してきました。

 

結局は絶対にマイナスになる年を作らない、小さい利回りでも良いのでしっかりプラスを出す、それを長年続けるファンド。このようなファンドを活用することがベストプラクティスであり、正しい資産運用です。資産が強烈に伸びていきます。

 

上記の条件を主眼に置きながら、筆者のポートフォリオを構成するファンドを中心にランキング記事を作成してみましたので参考にしてみてください。

 

堅実複利運用

おすすめ投資先ランキング

長期で資産を着実に育てる

 

-ヘッジファンド
-