40歳独身で貯金3000万超えたら?まだまだ少ない?セミリタイアしながら何年暮らせるかを男女別でも検証

資産3000万円超え向けの運用法

40歳独身で貯金3000万超えたら?まだまだ少ない?セミリタイアしながら何年暮らせるかを男女別でも検証

2022年9月28日

筆者もアラフォー故に、自分の資産がどれだけ自分の人生を守ってくれるのか、自由を運んでくれるのかは常に考えています。

資産に応じた人生設計は、様々な角度で検証するのが筆者は大切であると考えています。

 

今回は、40歳時点で独身、貯金が3000万円ある場合に何年問題なく生活ができるのか、はたまたセミリタイアは可能なのかについて考えていきます。

 

【2022年】日本国内の優良ヘッジファンド(&投資信託)のおすすめ先を紹介!選択に必要な知識と魅力的な金融商品をランキング形式で初心者にもわかりやすく解説
【2022年】日本国内の優良ヘッジファンド(&投資信託)のおすすめ先を紹介!選択に必要な知識と魅力的な金融商品をランキング形式で初心者にもわかりやすく解説

続きを見る

 

40歳で貯金3000万円越えたらセミリタイアは考えても良いのか?

大前提として、労働はやめるべきではない

筆者的には、計算する前からこれは「NO」です。筆者の意見です。

なぜかというと、30代、40代とは人生100年時代と言われる中で最も「働ける」期間であり、年収も高い時期であるはずです。

hard work

 

このコアな30〜40代を完全リタイア、セミリタイアをしてしまうのは勿体無すぎます。

筆者は金の亡者ですので、この30〜40代はとにかくお金を稼ぐことに集中することを考えますし、実際に実行しています。

 

「セミリタイア」とは運用収益と労働(好きな仕事など)の2つで生活を成り立たせるものです。

完全リタイアは運用収益だけで生活を成り立たせることですね。最近はFIRE(Financial Independence, Retire Early)とも呼ぶようです。

 

自分の人生ですし、嫌な仕事をするのは人生の無駄だという考え方は筆者もあると思いますし、その価値観は支持します。

しかし、残念なことにつまらない仕事や、人間関係が大変な職場だったり、ある程度激務だったり・・・すぐにでもやめたいと思ってしまう職場が、収入が高い傾向にあるのが事実です。

hard work

 

ここが人生の難しいところです。筆者も正直、やりたい仕事はありますし転職もしたいです。

しかし、最優先を「お金」に重きを置いた結果、どうしても転職には踏み切れません。

 

筆者の資産額的には既に完全リタイアも可能です。しかし、人生何が起こるかわからず、大きな問題(自分や家族の病気、事故、犯罪に巻き込まれるなど)が起こった時に、お守りとなるのがお金です。

ですので、全力で働ける間、そして収入が一番高い時期は、収入が高いところに留まろうと決意し、転職せずに今の仕事をしています。

 

ちなみに、このハードワークした時期に獲得した実績、同僚や客先との関係は一生の財産になります。セミリタイア後も自身の好きな仕事のこの社会的繋がりを活かし、より充実した生活を送っている完全リタイアした先輩を筆者は知っています。

苦楽を共にした人々との関係とは、本当に価値のあるものです。

 

独身なら実際にセミリタイアは可能なのか?男女別

では、筆者の価値観は置いておいて、現実的にセミリタイアは可能なのかを考えていきましょう。

大前提となる出費を見ていきましょう。以下は総務省が公表している2人以上の勤労者世帯の家計収支データです。

生活費:総務省が公表しているデータ

内容は以下となっています。

  • 消費支出:309,469円
  • 非消費支出:112,634円

合計:422,103円→年間5,065,236円

 

項目 金額
食料 78,605
住居 19,806
水道・光熱 21,353
家具・家事用品 12,688
被服費 10,522
保険医療 12,998
交通・通信 49,515
教育 19,187
教養娯楽 27,543
その他消費支出 57,252
税金等 112,634
月額合計 422,103
年間合計 5,065,236

 

一般的に、セミリタイアなどを考える時は運用の4%利回り程度(米国株インデックス投資を前提)が現実的なラインとされています。

3000万円を運用した場合、4%リターンは120万円です。税後でこれは96万円です。

 

2人以上世帯の勤労者世帯の家計収支が年間5,065,236円ですので、410万円ほど足りません。

しかし、独身の場合ですとこれの半分程度で済むと考えても良いでしょう。

 

一応以下の通り男女別で計算しています。(女性は筆者の妻の意見を存分に参考にしています)

 

項目 2人以上勤労者世帯 男性 女性
食料 78,605 55,024 23,582
住居 19,806 19,806 19,806
水道・光熱 21,353 10,677 10,677
家具・家事用品 12,688 12,688 12,688
被服費 10,522 15,783 31,566
保険医療 12,998 6,499 6,499
交通・通信 49,515 24,758 24,758
教育 19,187 0 0
教養娯楽 27,543 27,543 27,543
その他消費支出 57,252 57,252 57,252
税金等 112,634 56,317 56,317
月額合計 422,103 286,346 270,687
年間合計 5,065,236 3,436,146 3,248,238
3000万円運用リターン 960,000 960,000 960,000
必要な労働収入 4,105,236 2,476,146 2,288,238

 

独身でも全然足りませんね。年収200万円以上が必要です。

年収200万円と中途半端な収入を労働に費やすぐらいなら、もっと一気に稼いで運用と合わせ資産を大きく伸ばした方が効率がいいです。

セミリタイアはまだまだ考えるのは先でいいと思います。

 

筆者は仕事の話はこのブログではしませんが、運用の話はできますので、少し考えを書いていきます。

ちなみに労働と資産運用の両建てで日々を過ごしていると資産の増加は凄まじいことになります。しかし、正しい資産運用の組み合わせでなければ、むしろ資産は減ってしまいます。

 

配当金生活ブームがかつてあったが、配当目当ての株式投資はアリなのか?

なしです。理由を話していきます。

配当金、優待投資などは日本人投資家から非常に人気ですよね。優待投資なんかは配当投資よりもっとひどいです。

投資家に投資させて、優待券を発行し来場などさせて、それを持ってIR資料で「顧客数1万人突破!」とか公表して偉そうに社長が株主総会で話しているのですから冗談もいいところです。

 

さて、配当を出している銘柄への投資がなぜダメかというと、「もう終わった企業」への投資に他ならないからです。特に高配当銘柄は終わっています。

「配当を出す企業は株主に優しい」と多くの人は思っています。この意識を植え込んだのは誰なのでしょうか?全然優しくありません。むしろ最悪です。

株主が本来求めるべきは配当による「インカムゲイン(配当収入)」ではなく「キャピタルゲイン(株式譲渡益)」です。

 

配当を貰っても、株価が下がっていればトントンに、むしろ配当を受け取った際に課税されているので、合計でマイナスになっているなんてことがあります。

日本で言えばJT(日本たばこ産業)など、高配当で大人気の銘柄があります。配当利回りが6%を超えるなど、株主は大喜びです。

 

しかし、肝心の株価はここ5年で下がりっぱなしという体たらくです。2020年以降金融緩和でほとんどの株が上昇したというのに、JTは安値を彷徨っています。不況はこれから来るのに、大丈夫なのでしょうか。

日本たばこ産業

 

100万円をJTに5年前に投資をしていたら、20万円程度が税後で手に入ったはずですが、5年で36%株価が落ちているので、-16万円ですね。これが高配当株投資の罠です。

 

そもそもなぜ企業が高配当を出すのかというと、「もう企業が成長する余地がない」からです。

成熟期の企業が配当を出すのです。まだまだ企業が成長の余地がある場合、企業拡大の燃料であるキャッシュ(利益)を株主に配当している場合ではありません。

株主ももっともっと企業拡大して業績を上げて、「株価」でリターンを返してほしいと願うのが普通です。

 

しかし、成熟期を迎えた企業は成長の余地がなく、株価を支えるために仕方なく高配当を出しているのです。基本的に、企業のライフサイクルは決まっており、成熟期になり株価をできるだけ高配当という形で延命させ、死を待つのが通常です。

 

Company-Life-Cycle

 

JTの場合、たばこ領域で新しい革新的な事業を産まない限りは年々株価は下げていき、最後は倒産していく運命となります。

米国でもマイクロソフトが10年ほど株価が低迷した時期がありました。その起点は、あのマイクロソフトが配当を開始したことによります。そして株価は大きく下落しました。

ニューヨーク(CNN/マネー) - マイクロソフト社は木曜日、普通株式に初めて配当を支払うと発表し、ウォール街に衝撃を与えた...しかし同社は、次の四半期と今年度残りの売上高ガイダンスを引き下げた

マイクロソフト(MSFT:2.72ドル安の52.63ドル、リサーチ、推定)の株価は、このニュースを受けて早朝の取引で4.7%下落した。同株はナスダック市場で最も活発に取引された。

マイクロソフト、業績見通しを下方修正、配当金を設定

 

しかし、マイクロソフトは高配当株ではなく、またこの後サーバービジネスやマイクロソフトオフィスのサブスク化など、さらに企業成長を続け、株価を伸ばし続けました。

高配当を出すだけで、新たな事業価値を産まない企業の株価は下がっていきます。JTに限りませんが、メディアなどで取り上げられ持て囃されている高配当株に触るのはやめておきましょう。

そもそもテレビや雑誌の株式投資メディアの中の人たちは、「ウケる」記事や番組を作るのが仕事であり、投資で勝つための情報は持っていません。株を買ったことすらない人たちであることがほとんどです。

 

株式投資は個人でやるにはリスクが高すぎるのでプロに任せる道を模索しよう

筆者自身、株式投資には個人で取り組んだことがありますが、株で成功するには特別な才能が必要であるという結論に至りました。

また、才能がなくても成功したいのであれば四六時中、株式投資に取り組む必要があることも理解しました。

これらを理解したことで、自身で運用するポーションは限定的にし、市場に本気で取り組むプロに大半の運用を任せるようにしたことで、筆者の資産は急速に伸びていきました。

 

株式市場の面白いところは、大谷翔平に自分の代わりに野球をプレーしてほしいと頼んでもいくらお金を出してもそれは無理です。

しかし株式市場はなぜか相場の大谷翔平に手数料をいくらか払えば、代わりに運用してもらえます。

金融とは複雑ですが、素晴らしい仕組みだと思います。

 

プロは誰なのかという話ですが、投資信託や債券ファンド、不動産ファンド、ヘッジファンドなどなど様々ありますが、筆者は株式に投資したいので投資信託かヘッジファンドを最初から検討していました。

株式投資を選ぶ理由は、歴史的に株式が他資産をアウトパフォームしてきたからであり、常にマクロ経済を分析している筆者としても、今後もこの動向は続くと考えているからです。

stock return

 

投資信託に関しては、プロが運用しているとのアクティブファンドのリターンがインデックスファンドに比して非常に悪く、インデックスファンドを積み立てながら大半の資金をヘッジファンドで運用する形に落ち着きました。

インデックス型投信(=パッシブ)とアクティブ型投資信託はどっちがおすすめ?成績や手数料を中心に金融庁データをもとに徹底比較!

 

ヘッジファンド投資について

ヘッジファンドとは、投資信託(公募投信)と異なり、私募ファンドとなります。

私募ファンドと公募ファンドの違いは以下です。

【ファンドの選定】

投資信託:対象資産から運用手法まで全て投資家が選択
ヘッジファンド:運用手法とファンドマネージャーを選ぶだけ

【運用成績の評価】

投資信託(インデックス型):インデックスへの連動率
投資信託(アクティブ型):インデックスに対する超過リターン
ヘッジファンド:如何なる環境でも収益獲得が至上命題

【手数料形態】

投資信託:購入手数料と毎年発生する信託手数料
ヘッジファンド:管理手数料と成功報酬型手数料

【ファンドマネージャー】

投資信託:生え抜きのサラリーマンファンドマネージャー
ヘッジファンド:適性のあるモチベーションの高いファンドマネージャー

【最低出資額】

投資信託:最低100円から
ヘッジファンド:日本では1000万円程度からも可能

ヘッジファンドと投資信託の違いについてわかりやすく解説!私募ファンドと公募ファンドの代表格を比較する。

 

ヘッジファンドはファンドマネジャーが鬼気迫る思いで相場に取り組んでおり、リターンの多くを獲得していく欧米ではメジャーな投資先です。日本でも最近ヘッジファンド投資は盛んになってきたようには思いますが。

筆者は一気に大きなリターンを狙うよりも、堅実に資産を積み重ねていきたいと考えていたことから、国内でも老舗の位置付けであるBMキャピタルに大半の資金を投じています。

 

BMキャピタルの運用手法はバリュー株投資とアクティビスト戦略の掛け算であり、ウォーレンバフェット氏の師匠であるベンジャミングレアム氏の投資哲学を実践しています。(以下の右側がグレアム、左がバフェット)

 

BMキャピタルの真骨頂は下落相場で損失を出さない、ミニマイズすることで、毎年派手なリターンはありませんが、堅実なリターンを積み重ねています。

筆者はBMキャピタルで運用したことで投資の本質に気づきました。それは、「損失を出さない」ことが複利リターンを最大化してくれるということです。

 

よく、年利回り40%、月利10%などの誘い文句を見かけたりしますが、あれは嘘かその年だけ調子がよかっただけかのどちらかです。ハイリターンの裏にはハイリスクが存在します。

年利回り40%を出す運用が毎年続くわけがなく、どこかで大きな損失を出し、トータルで考えるとマイナスだったりするのです。

しかし、損を出さずに堅実なリターンを重ねると、数年経てばその派手なリターンを凌駕するリターンへと変わり、資産が大きく飛躍していくのです。

 

以下は筆者が投資しているBMキャピタルの概要ですが、興味のある方は早めに担当者に相談した方が良いでしょう。ヘッジファンドは出資者に上限があることが多く、またファンド規模が大きくなりすぎて出資受け入れ自体を停止する可能性もあります。

BMキャピタル

bmcapital

 

 

まとめ

今回は40歳独身の場合に貯金3000万円あったらセミリタイアできるのか、すべきなのかについて。

また、運用をする上でどのように考えていくべきかについて論じました。

参考になれば幸いです。

 

【2022年】日本国内の優良ヘッジファンド(&投資信託)のおすすめ先を紹介!選択に必要な知識と魅力的な金融商品をランキング形式で初心者にもわかりやすく解説
【2022年】日本国内の優良ヘッジファンド(&投資信託)のおすすめ先を紹介!選択に必要な知識と魅力的な金融商品をランキング形式で初心者にもわかりやすく解説

続きを見る

締め括り

 

堅実複利運用

おすすめ投資先ランキング

長期で資産を着実に育てる

 

資産運用で資産を増やす方法は様々あります。効率を求めるのであれば、株式投資が最良の選択肢であることは疑いようのない事実です。

過去の歴史を見ると、それは火を見るより明らかです。「市場が伸びるところ」が最も効率よいです。苦労なく成果を挙げられます。

 

各資産の超長期リターン

 

しかし、株式投資も医者になるくらい勉強をしなければ勝てません。であれば、我々は早々にリスクの高い個別株投資という選択肢は捨てるべきです。

そして、投資のプロが運用する「ファンド」(投資信託、ETF、ヘッジファンド)を選ぶべきなのです。

ここでファンド選びが最も大切です。長年、筆者も資産運用を実施してきました。

 

結局は絶対にマイナスになる年を作らない、小さい利回りでも良いのでしっかりプラスを出す、それを長年続けるファンド。このようなファンドを活用することがベストプラクティスであり、正しい資産運用です。資産が強烈に伸びていきます。

 

上記の条件を主眼に置きながら、筆者のポートフォリオを構成するファンドを中心にランキング記事を作成してみましたので参考にしてみてください。

 

堅実複利運用

おすすめ投資先ランキング

長期で資産を着実に育てる

 

-資産3000万円超え向けの運用法