日本の投資信託(含むETF)分析

【2023年】グローバルフィンテック株式ファンドの株価の暴落の理由とは!?評判と速報ベースで2023年以降の今後の見通しを踏まえて徹底評価。

2022年5月16日

本日取り上げるのは「グローバルフィンテック株式ファンド」

とても響の良いハイリターンをもたらしてくれそうな投資信託があると友人との会話で聞きつけました。しかし、以下の通り2021年後半から暴落しています。

グローバルフィンテック株式ファンドの基準価額の推移

 

本日はグローバルフィンテック株式ファンドがどのようなファンドなのかを紐解いた上で、暴落の理由についてお伝えしていきたいと思います。

似た名前のグローバルロボティクスグローバル・エクスポネンシャルはこちらの記事になります。全部大暴落しています。

 

グローバルフィンテック株式ファンドとはどのような投資信託なのか

ではグローバルフィンテック株式ファンドがどのようなファンドなのか見ていきましょう。

目論見書からみる概要

目論見書を参考に、概要を見ていきましょう。

ファンドの特色

主として、日本を含む世界の金融商品取引所に上場されているフィンテック関連企業の株式に 投資を行ない、中長期的な信託財産の成長をめざして運用を行ないます。

 

日興アセットマネジメントが取り扱う投資信託です。

<商品分類>

  • 単位型・ 追加型:追加型
  • 投資対象地域:内外
  • 投資対象資産 (収益の源泉):株式

<属性区分>

  • 投資対象資産:その他資産 (投資信託証券 (株式 一般))
  • 決算頻度:年1回
  • 投資対象地域:グローバル (含む日本)
  • 投資形態:ファミリー ファンド
  • 為替ヘッジ:なし

 

フィンテック分野は昨今の仮想通貨の登場もあり盛り上がっている産業です。

米国ではペイパル、スクエアを始めとしたキャッシュアプリの台頭により、世界中で注目されている分野です。ファンドとして、攻めの切り口としては正しいと思います。

 

構成上位銘柄

以下は2022年12月末時点での組み入れ銘柄です。1位は米ブロック(旧スクエア)がはいっています。

2位はECで有名なSHOPIFYというのは意外ですね。

順位 銘柄 業種 比率
1位 BLOCK INC (旧:SQUARE) アメリカ ソフトウェア・サービス 8.80%
2位 SHOPIFY INC - CLASS A カナダ ソフトウェア・サービス 8.60%
3位 ADYEN NV オランダ ソフトウェア・サービス 7.10%
4位 MERCADOLIBRE アメリカ 小売 6.80%
5位 UIPATH INC アメリカ ソフトウェア・サービス 6.40%
6位 COINBASE GLOBAL アメリカ 各種金融 6.20%
7位 ROBINHOOD MARKET アメリカ 各種金融 5.50%
8位 TWILIO INC アメリカ ソフトウェア・サービス 5.50%
9位 DISCOVERY LTD 南アフリカ 保険 5.20%
10位 TOAST INC-CLASS A アメリカ ソフトウェア・サービス 4.00%

 

SHOPIFYはAMZNを倒す可能性がある企業として注目されました。実際、2020年から株価は急騰しましたが、現在は成長が鈍化して株価は大幅下落してます。2020年のバブル前の株価に戻ってしまいましたね。非常に儚いです。上値で掴んでいたら白目剥きそうです。

Shopifyの株価の推移

 

1位のブロック(旧:スクエア)も同様に株価は下落の一途を辿っています。こちらもバブルの上昇を全部吐き出しましたね。80%くらい下落しています。

ブロックの株価推移

 

ちなみに1年前に分析した時の上位銘柄は以下でした。結構銘柄を入れ替えていますね。筆者も米国の個別株投資は行なっているのですが、上記の銘柄は現在は沈み込んでいます。

 

順位 銘柄 業種 比率
1位 SQUARE INC-A アメリカ ソフトウェア・サービス 8.20%
2位 MERCADOLIBRE INC アメリカ 小売 5.00%
3位 ADYEN NV オランダ ソフトウェア・サービス 4.60%
4位 INTERCONTINENTAL EXCHANGE INC アメリカ 各種金融 4.50%
5位 PAYPAL HOLDINGS INC アメリカ ソフトウェア・サービス 4.30%
6位 ZILLOW GROUP INC-C アメリカ メディア・娯楽 4.30%
7位 PINTEREST INC-CLASS A アメリカ メディア・娯楽 4.00%
8位 TENCENT HOLDINGS LTD 中国 メディア・娯楽 3.60%
9位 SEA LTD-ADR ケイマン諸島 メディア・娯楽 3.50%
10位 LENDINGTREE INC アメリカ 各種金融 3.00%

 

業種別構成ではソフトウェアサービスが一番多く45%を占めています。ハイテク銘柄に集中投資していることがよくわかりますね。

業種 比率
ソフトウェアサービス 45.8%
各種金融 16.7%
小売 12.5%
メディア・娯楽 6.9%
保険 5.2%
消費者サービス 3.4%
ヘルスケア機器・サービス 2.5%
半導体・半導体製造装置 1.8%
電気通信サービス 1.6%
不動産 1.4%

 

 

国別構成比率

国別構成比率は米国が60.5%と世界株と同様の比率になっています。要は米国のハイテク企業に多く投資しているということです。

国・地域 比率
米国 60.9%
カナダ 8.6%
オランダ 7.1%
南アフリカ 5.2%
カザフスタン 3.4%
ケイマン諸島 3.3%
イスラエル 2.6%
日本 2.4%
中国 1.9%
ブラジル 1.9%

 

米国のハイテクというと、2021年末でバブルが終わった感が否めないので、そこにポートフォリオ偏重ということはあまり明るい未来が見えないですね・・・。

 

そもそもフィンテックとは?

を少しここで述べます。フィンテックとはFinanceとTechnologyを組み合わせた言葉です。

 

代表的なフィンテックと言えばキャッシュレス決済ですね。例えば日本でも2019年初頭にPayPayがキャッシュレス決済で大規模還元を行いましたよね。

たしか100億円相当あげちゃうキャンペーンとかでした。私もビッグカメラやLABIなどで家電を買いに行きましたが、人がごった返していました。

 

また、家計管理をアプリで行う人も増えました。今時ノートで家計簿をつけている世帯もだいぶ少なくなったのではないでしょうか。

日本ではマネーフォワードなどがアプリで家計簿をつけられるプロダクトを提供していますね。

 

銀行口座、クレジットカード、決済アプリなど全て連携して、現在の家計資産はどれくらいかをわかりやすく確認できます。(私は一時期使っていたのですが連携がうまくいかず、結局エクセルで管理していますが・・・さらなる進化求む)

 

また、資産運用をAI(人工知能)に任せる「ロボアドバイザー」も人気を博しています。日本では2020年末に上場したウェルスナビなんかはとても調子が良いですよね。預かり資産がなんと3600億円を突破しています。同業他社で競合にTHEOもいますね。

 

こちらも預かり資産が1000億円を突破しています。

資産運用への意識の高まり、AIに代わりに運用してもらえるという手軽さが人気の背景でしょう。フィンテック分野への投資も急速に増えています。

フィンテック分野への投資

 

この分野の投資信託ということで、グローバルフィンテック株式ファンドはとても人気なのではないでしょうか。

ストーリーとしては素晴らしいの一言です。ただ、株価はこのストーリーをもう織り込み切ってしまえば、再度大きく浮上することはありません。織り込むのは一度だけで、次の素晴らしいストーリーを市場は探し求めます。

 

現在までの運用実績をチャートから考察(為替ヘッジなし・あり)

さて実際の数字を見ていきましょう。ストーリーが素晴らしくても数字が悪ければ意味がありません。

為替ヘッジなし

グローバルフィンテック株式ファンドの基準価額の推移

 

上記は基準価額ですが、コロナショックを機に打ち上げ花火状態ですね。バブルに近い水準です。凄まじいリターンをあげていることでしょう。

1年 3年(年率) 5年(年率)
トータルリターン -57.15% -11.80% -3.06%
標準偏差 40.23 37.21 32.15
シャープレシオ -1.42 -0.32 -0.10

 

2020年のコロナ相場で大きく上昇しましたが、今は完全にバブル崩壊していますね。まさにハイリスク、ハイリターンといったかんじですね。

→ 投資におけるリスクとは?標準偏差を理解してシャープレシオの高い投資を実践しよう!

 

シャープレシオもマイナスと酷い状態です。バブルを吐き出してリターンは5年でマイナス3%となっています。ちなみにここには円安が進んだので為替益+25%程度が入っています。

それでも大暴落しているということは、保有銘柄が軒並み半値以下になっているということです。なぜこのような運用を大手証券会社は許しているのでしょうか?

 

 

為替ヘッジあり

為替ヘッジも一応見ておきましょう。為替ヘッジありはドル円の上昇の恩恵を受けれていないので残念ながら通常版より低いリターンとなっています。

1年 3年(年率) 5年(年率)
トータルリターン -64.41% -18.60% -8.05%
標準偏差 40.26 38.83 33.11
シャープレシオ -1.60 -0.48 -0.24

(引用元:モーニングスター

 

現在はドル円が150円まで急激に進展しました。しかし、今後は米国経済が後退する局面で急激に円高に傾くことが想定されるので為替ヘッジをつけたほうがよいと考えます。すでに2023年現在で130円まで円高が進んでしまいましたね。

今後も円高が進むかと思われます。

 

手数料・分配金の有無

為替ヘッジなし

  • 購入時手数料率(税込) 3.85%
  • 信託報酬等合計 1.93%(運用会社 0.94% 販売会社 0.94% 信託銀行 0.06% 監査報酬等 0.10%)

初年度は5.78%以上のリターンを求められます。

分配金はなしです。

為替ヘッジあり

  • 購入時手数料率(税込) 3.85%
  • 信託報酬等合計 1.93%(運用会社 0.94% 販売会社 0.94% 信託銀行 0.06% 監査報酬等 0.10%)

ヘッジなしと同様初年度は5.78%以上のリターンを求められます。

 

こちらは分配金ありです。年二回です。分配金がほしい人は為替ヘッジありのグローバルフィンテック株式ファンドを購入することになります。

 

<1万口当たり分配原資>

日付 分配金
2020/12/7 2,500円
2020/6/8 2,100円
2019/12/9 950円
2019/6/7 200円
2018/12/7 0円
2018/6/7 900円
2017/12/7 550円

 

掲示板での評判や口コミ

まずは評判からです。悲惨な結果なので非常に悪い評判となっています。

Yahoo finance①

売りたい。
早くポートフォリオから消し去りたい。

他の投資商品で含み益が出てきたので、ここと損益通算できそうになれば、
ここは解約したいと思います。
損確で終われば日興アセットマネジメントさんの商品は二度と買わないでしょう。

私だって損確したくないです。御社のプライドを賭けて上げていって欲しいと思います。

 

Yahoo finance②

今の基準価額は、この円安に支えられてるかと思う
数年後に110円位まで円高になると、3割近く目減りする羽目に
個人的には、あまり円高にならない時期に撤収するつもり
組入銘柄の値が戻すのが早いか、円高が早いか。。。
5年前に買い付けてるから、ほぼプラマイゼロなのが残念

Yahoo finance③

いやもうね、、、地合いっていうなら手数料下げろよ。いや遠吠えにしかならないか

Yahoo finance④

証券会社に勧められて持ってたけど、上がったる時を逃して今に至る。どないせいって言うねんて感じ😭

Yahoo finance⑤

とにかく酷すぎる

 

2021年中盤まで満足している旨の書き込みが多かったのですが、栄枯盛衰ですね。

ただ、このような事態になることは毎日相場を見ていればわかることです。自己責任ともいえます。

 

今後の見通しも暗い、暴落は買い時ではない

重要な見通しについてみていきたいと思います。

1年前の筆者の記載

手前味噌ですが、以下は2021年中盤に、まだグローバルフィンテック株式ファンドが調子良かった時に筆者が書いた見通しです。まさに筆者の予言通りとなっています。

 

見通しですが、個人的には楽観視していません。段々とリターンが上昇するのではなく、急騰しているからです。ITバブルを思い起こすと、インターネットバブルが2000年代初頭に崩壊しました。そして、今、我々の社会にはインターネットが根付いています。

 

新しい技術(テーマ)というのは、グローバルフィンテックや、米国のフィンテックブームなどで大衆に知れ渡り、大衆がブームに乗り、最後には必ず破滅するシナリオが通常です。

株価は暴落し、大衆が去った後に、また段々と株価が回復していく段階で、我々の社会にも根付いていきます。2021年末まではブームでした。投資信託で80%のリターンというのは永続しません。

フィンテックの他にも、電気自動車、ドローン、大麻、半導体などもブームでした。これらは今後も人々の生活に馴染んでいくものであり画期的イノベーションです。

しかし、バブルは一度崩壊し、そして落ち着いた、上昇する株価になるというサイクルが決まっています。以下は1990年代後半からのITバブルの発生と、その後の崩壊です。

 

日本における情報通信産業の株価指数の推移

 

イノベーションは止まりません。しかし株価は崩壊します。これは基本的には避けられないものです。つまり、ブームに乗るということは、一時的なハイリターンはありますが、長期リターンは可能なのかという点を考える必要があるということです。

ブームに乗り続け、崩壊を経ても10年、20年単位では上昇する、という考え方であれば、長期投資でほったらかしでもいいかもしれませんね。あまりお勧めしませんが。

 

 

今後の見通しも厳しい

重要なのは今後の見通しです。そもそも、なぜグローバルフィンテック株式ファンドが2021年後半から下落したのかを考える必要があります。理由は大きく二点あります。

 

チェックリスト

  • インフレの発生により金融政策の引き締め
  • 利益成長の減速

 

日本でもインフレが発生していますが、米国のインフレの比ではありません。米国では年率9%という40年ぶりのインフレが発生しています・・・。インフレが発生すると国民生活が困窮するので中央銀行は利上げを実施します。

利上げを実施すると金利が上昇するので株式のなかでも将来利益の比率が大きいグロース株を中心に下落します。結果としてはイパーグロース株を多く組み入れているARKKと同様の動きとなっています。

 

青:グローバルフィンテック株式ファンド
赤:ARKK

グローバルフィンテック株式ファンドとARKKのチャートの比較

 

そして、今後もインフレを鎮圧するまでは金融引き締めの手を緩めるつもりはないと、2022年の8月のジャクソンホールでパウエル議長は明言しました。

世界の主要中央銀行トップは先週末のジャクソンホール会合(カンザスシティー連銀主催年次シンポジウム)で、たとえ経済に多少のダメージがあろうとも利上げを貫徹する用意があるというシンプルなメッセージで一致した。

米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は26日の講演で、今後の金融政策の道筋はインフレ抑制に伴うコストとして残念ながら消費者と企業に痛みをもたらすだろうと述べた。

参照:Bloomberg

 

現在、9%のインフレを2%近辺になるまで手綱を緩めるつもりはないというわけです。これは相当期間金融環境がタイトになることを意味するので、グロース株には厳しい環境がつづきます。

 

更に、金利を引き上げていることと、インフレが発生していることで個人消費も弱くなってきています。すると企業収益も下落するので今後は収益低下も伴って株価は下落していきます。

しばらくは米国株には手を出さないほうがよいでしょう。2023年1月末現在も、利下げはまだ見込まれていませんし、再インフレ勃発の可能性すら出ています。

 

Inflation remains “far too high” and the Federal Reserve “must keep moving,” said New York Fed President John Williams on Thursday.

“The monetary policy gear is turning. But it will take time for supply and demand to come back into proper alignment and balance, so we must keep moving,” Williams said in an evening speech to the Fixed Income Analysts Society.

“Although we are seeing some signs that inflation is moderating, it remains far too high, and it is my No. 1 concern going into 2023,” Williams said.

ニューヨーク連銀のジョン・ウィリアムズ総裁は24日、インフレ率は依然として「高すぎる」ため、連邦準備制度は「動き続けなければならない」と述べた。

「金融政策の歯車は回転している。しかし、需要と供給が適切なバランスに戻るには時間がかかるので、我々は動き続けなければならない」と、ウィリアムズ氏は債券アナリスト協会での夕方のスピーチで述べた。

インフレが緩やかになっている兆候は見られるが、依然として高すぎる。

Fed’s Williams says ‘far too high’ inflation remains his No. 1 concern

 

ブームに乗る投資と安定複利リターン投資

上記でも述べたフィンテックブーム、EVブームなど、ブームに乗った投資は短期的にハイリスクハイリターンではあるものの青天井のリターンが期待できます。手っ取り早くお金持ちになりたい人はブームに乗るべきです。しかし、リスクと隣り合わせであるため、簡単にはおすすめはできません。

自分の知見のある分野であれば、自信を持って投資できるかもしれませんが軽はずみにブームだからといって投資して失敗してしまっては本末転倒です。

 

私自身は基本的に個別株は少ないポーションで遊び程度で実践しています。一方、大きなポーションは安定運用で複利で毎年しっかり資産が増える投資をしています。以下の記事で、個人的に調べた中でのおすすめのファンドを記載しているので安全な投資先を探している人は参考にしてみてください。

 

 

まとめ

今回はブームに全力で乗った後に暴落しているフィンテックグローバルについて開設しました。

テーマ株やグロース株は環境によっては大きく下落するハイリスク商品であることも認識しておきましょう。

また、今後しばらく厳しい環境が続くことが想定されます。安全なリターンが見込める投資先を選びましょう。

締め括り

 

堅実複利運用

おすすめ投資先ランキング

長期で資産を着実に育てる

 

資産運用で資産を増やす方法は様々あります。効率を求めるのであれば、株式投資が最良の選択肢であることは疑いようのない事実です。

過去の歴史を見ると、それは火を見るより明らかです。「市場が伸びるところ」が最も効率よいです。苦労なく成果を挙げられます。

 

各資産の超長期リターン

 

しかし、株式投資も医者になるくらい勉強をしなければ勝てません。であれば、我々は早々にリスクの高い個別株投資という選択肢は捨てるべきです。

そして、投資のプロが運用する「ファンド」(投資信託、ETF、ヘッジファンド)を選ぶべきなのです。

ここでファンド選びが最も大切です。長年、筆者も資産運用を実施してきました。

 

結局は絶対にマイナスになる年を作らない、小さい利回りでも良いのでしっかりプラスを出す、それを長年続けるファンド。このようなファンドを活用することがベストプラクティスであり、正しい資産運用です。資産が強烈に伸びていきます。

 

上記の条件を主眼に置きながら、筆者のポートフォリオを構成するファンドを中心にランキング記事を作成してみましたので参考にしてみてください。

 

堅実複利運用

おすすめ投資先ランキング

長期で資産を着実に育てる

 

-日本の投資信託(含むETF)分析