【今後どうなる?】下落が止まらないゼロ・コンタクトを速報ベースで解説。解約検討すべきかをデジタル・トランスフォーメーション株式ファンドの組入銘柄や株価チャートから評価

日本の投資信託(含むETF)分析

【今後どうなる?】下落が止まらないと評判のゼロ・コンタクトを速報ベースで解説。解約検討すべきかをデジタル・トランスフォーメーション株式ファンドの組入銘柄や株価チャートから評価

投資信託への投資は、プロが運用してくれると思いつつ気軽に投資をしては失敗してしまいます。

米国のインデックスファンドでさえ、見通しは誰にもわかりませんが、どういうわけか軽い気持ちで投資をしてしまう個人投資家が後を絶ちません。

 

株式投資を自分で実践するよりも、大手金融機関が運用してくれる投資信託で運用を選ぶのはわかります。しかし、投資信託にはそれぞれテーマがあり、そのテーマに沿った運用が行われます。

そして、そのテーマは個人投資家が自分で選ばなければなりません。

 

つまりは、相当なマーケットの状況、景気見通し、トレンド(昨今ではAIや暗号通貨でした)を読む力がなければならないのです。

実は、非常に難易度の高い投資であることを認識しましょう。そして、まさにトレンドが終わり基準価額の下落が止まらないとの声が止まない「デジタル・トランスフォーメーション株式ファンド(ゼロコンタクト)」について今回は分析してみようと思います。

 

デジタル・トランスフォーメーション株式ファンド(ゼロコンタクト)とは?

ファンドの概要

商品分類:

  • 単位型・ 追加型:追加型
  • 投資対象 地域:内外
  • 投資対象資産 (収益の源泉):株式

属性区分:

  • 投資対象資産:その他資産 (投資信託証券 (株式 一般))
  • 決算頻度:年1回
  • 投資対象地域:グローバル (含む日本)
  • 投資形態:ファミリー ファンド
  • 為替ヘッジ:なし

 

ファミリーファンドでグローバル投資を行う投資ファンドであることは把握できました。

詳細を見ていきましょう。

 

ファンドの特色:デジタル銘柄に特化した投資

投資対象はグローバルで、さらに生活や社会のデジタル化に 関連するビジネスを行なう企業の株式に投資を行ないます。

ファンドの愛称である「ゼロ・コンタクト」とは「非接触」を意味します。つまり、非接触型ビジネスを展開している企業への投資をするということになります。

 

Covid-19の影響でWork From Home(WFH)、リモートワーク、テレワークなど様々な言葉が生まれました。また、米国や日本では政府による給付金のばら撒きが行われ、それに伴いデジタル決済企業が大いに活躍しました。

ゼロ・コンタクトファンドはつまりは、WFH銘柄やキャッシュアプリなどを事業とする会社への投資を中心に行っていくと理解できます。

 

DXは、「ITの浸透により、人々の生活をあらゆる面でより良く 変革させる」として、2000年初頭に提唱され始めた概念です。 DXの中でも、人との接触を避ける、いわゆる非接触(ゼロ・コン タクト)ニーズ*が高まりつつあることなどから、「ゼロ・コンタクト」 を当ファンドの愛称としています。

「デジタル・トランスフォーメーション(DX)」の拡がりを 後押しする「セロ・コンタクト」

 

既にポートフォリオの中身はZoom Video CommunicationsやCrwod Strikeなどコロナ禍の株式相場で大人気だった銘柄が組み込まれているのではないか?と筆者は不安になってしまっています。

2022年の下落相場で一番ダメージを受けた銘柄群であり、既にゼロ・コンタクトファンドの下落がなぜここまで騒ぎになっているのかが想像できました。

 

最新、2022年5月末の業種とポートフォリオを確認します。

 

業種 比率
ソフトウェア・サービス 47.3%
メディア・娯楽 27.8%
各種金融 7.6%
消費者サービス 4.9%
小売 4.2%
ヘルスケア機器・サービス 2.7%
不動産 2.0%
保険 1.1%
半導体・半導体製造装置 1.0%
銀行 0.8%

 

ソフトウェア・サービス、メディア・娯楽とまさに巣篭もり銘柄が多く組み入れられていそうです。ちなみに巣篭もりはもう終わったので筆者が普段見ている世界中のソフトウェア、メディア銘柄は2022年6月時点で大暴落しています。

 

ポートフォリオの銘柄を見てみましょう。悲しい予感は当たりました。やはりZoomが入ってしまっております。それも一位です。

 

銘 柄 名 通 貨 国・地域名 業 種 比率
ZOOM VIDEO COMMUNICATIONS-A アメリカドル アメリカ ソフトウェア・サービス 9.1%
ROKU INC アメリカドル アメリカ メディア・娯楽 7.5%
COINBASE GLOBAL INC -CLASS A アメリカドル アメリカ 各種金融 6.4%
TWILIO INC - A アメリカドル アメリカ ソフトウェア・サービス 6.2%
BLOCK INC アメリカドル アメリカ ソフトウェア・サービス 5.6%
SHOPIFY INC - CLASS A アメリカドル カナダ ソフトウェア・サービス 5.1%
SEA LTD-ADR アメリカドル シンガポール メディア・娯楽 4.2%
UNITY SOFTWARE INC アメリカドル アメリカ ソフトウェア・サービス 4.1%
UIPATH INC - CLASS A アメリカドル アメリカ ソフトウェア・サービス 3.8%
DRAFTKINGS INC-CL A アメリカドル アメリカ 消費者サービス 3.7%

 

正直、このポートフォリオを見てこれからゼロ・コンタクトに投資をする個人投資家はいるのでしょうか。2022年初頭からこれらの銘柄は今買ってはいけない銘柄トップ10とも呼べそうな内容です。

全て大暴落をしています。

 

<ズームの株価>

ZMの株価

 

<ロクの株価>

ROKUの株価

 

<コインベースの株価>

コインベースの株価

 

ゼロ・コンタクトのパフォーマンスが良いはずがありません。

正直、2021年になる前に利益確定をしておくべきファンドです。2022年に持っていて良いファンドではありません。

投資信託の販売会社はこのような商品を個人に売りつける点に嫌悪感を抱いてしまいます。しっかりとした商品説明が必要だと思います。非常に不親切です。

 

現在は相場の調子が悪いので、長期で考えれば必ず上がる、と考える投資家も後を絶ちません。しかし、株式投資の世界はそんなに甘くなく、一度大暴落を起こした銘柄は、一生這い上がってこないパターンの方が多いのです。

 

これは株式投資に長年取り組んでいる投資家であれば常識ですが、投資信託を購入する層の方々には実感するのは難しいので、本来は投信を販売する会社(今回は日興証券)が十分に危険な商品であると説明するべきだと思います。

ナスダック100にレバレッジをかける投信なども巷では流行っていますが、こちらも非常に不親切だと思います。とにかく、売れるものを十分な説明なしで販売している日本の金融会社に違和感を覚えます。

 

 

ファンドの特色:アーク社の調査力を活用

アーク(ARK)社の調査力を活用とのことで、つまりはイノベーションファンドと同様の運用をゼロコンタクトは行うということだと思います。

 

ARK社といえば、ファンドマネジャーのキャシー・ウッド氏が2020年の株式市場では沢山のメディアに取り沙汰されました。ARK社は大きく5つのETFを運用しています。

Cathie wood

 

ARKKが旗艦ファンドですね。

  1. ARKK(ARK Innovation ETF)
    「破壊的イノベーション」を生み出す企業へ投資。
  2. ARKW(ARK Next Generation Internet ETF)
    AI、クラウドサービス関連企業への投資。
  3. ARKF(ARK Fintech Innovation ETF)
    ブロックチェーンやフィンテック関連企業への投資。
  4. ARKQ(ARK Autonomous Technology & Robotics ETF)
    ロボティクスや自動運転関連企業への投資。
  5. ARKG(ARK Genomic Revolution ETF)
    ゲノムやバイオ関連企業への投資。

 

旗艦ファンドのARKKのリターンは以下となっています。

ARK Next Generation Internet ETF (ARKW)

 

Annual Total Return (%) History

Year Return
2022 -61.30%(YTD)
2021 -23.35%
2020 +156.61%
2019 +35.73%
2018 +3.58%

 

ETFで2020年の+156%というリターンは異次元ですね。当時はほぼ全ての個人投資家がARKKへの投資に夢中になりましたし、キャシー氏は羨望の眼差しを送られていました。

しかし、ポートフォリオが成長株、イノベーション(つまりストーリー株)に偏っていますので、基本的には金融相場のみでリターンが大きくなるファンド構成となっています。

 

実際に2021年は-23.35%、2022年は年初来で-60%超えとこれまで獲得してきたリターンを躊躇することなく吐き出してしまっています。

金融引き締め期に以上に弱いファンドであることがわかります。2018年も金融引き締めでした。2019年は金融緩和でした。2020年はコロナショック起きるも、さらに驚天動地の金融緩和が起こされました。

 

そして、2022年〜2023年は金融引き締め期です。2024年になっても現在のインフレの高進を見る限り、金融引き締めが続いてしまう可能性があります。

ARKファンドにとっては冬の時代とも言えるでしょう。そして、このARKファンドの助言を受け、ゼロコンタクトはポートフォリオを組成しますので、2022年以降もARKと共に冬の時代を迎えるのではないかと思います。

 

運用プロセス

 

 

ゼロ・コンタクトファンドの手数料

アクティブファンドであり、ARKの助言も受けているのでインデックスファンドに比べると当然高くなります。しかし、テーマは個人投資家が選ばなければならないので、その点は割高に感じますね。

ゼロ・コンタクトファンドの購入手数料は購入時の基準価額に対して3.3%(税込)、信託報酬が年率1.7985%(税込)となります。

 

ゼロ・コンタクトの基準価格チャート推移、パフォーマンス(運用実績)

デジタル・トランスフォーメーション株式ファンドの基準価額推移チャート

 

まずは基準価額ですが、上記の通り大幅に下落しています。分配金込み基準価額で2020年に設定された10,000円から半分の5,000円になっています。

そもそもなのですが、設定日が2020年7月31日となっており本当に新しいファンドです。Covid-19が収束に向かうと共に下落していくことが約束されていた投資信託ですね。

 

そもそもですが、2020年後半にワークフロムホーム銘柄は下落が始まっていたので、その時には手仕舞いしておきたいファンドでした。設定してから半年で価値がなくなったファンドです。

上記でポートフォリオを見た通り、地獄絵図とも取れる株価チャートをした銘柄ばかりを保有しているファンドですので、既に保有してしまっている方は苦しいですが早めに損切りした方が良いでしょう。

もしくは次の金融相場で別の銘柄でのハイリターンで取り返すかですが、その金融相場がもはや数年はきません。その間に他の魅力的な投資先への投資機会を失ってしまいます。

 

一応ゼロ・コンタクトのリターンを数字で確認しておきます。2021年は通年で-17.03%でした。2022年は1-3月で-24.11%です。4-6月もマイナスは間違い無いです。

<ゼロコンタクトファンドのリターン>

1-3月期 4-6月期 7-9月期 10-12月期 1-12月期
2022年 -24.11% -- -- -- --
2021年 -0.24% 13.03% -13.20% -15.23% -17.03%

 

 

他ファンドとの比較 デジタル情報通信革命/デジタル社会世界株式オープン/グローバルDX関連株式

流行りに乗じた似たテーマの投信がありますので、一応比較してみます。どれが一番ましなファンドなのかというレースになってしまいますが、あっちのファンドにしてたらもっと助かっていたかもといった感想に活用ください。

 

ファンド名 デジタル・トランスフォーメーション株式 デジタル情報通信革命 デジタル社会世界株式オープン(ラップ向け) グローバルDX関連株式(予想分配金提示型) グローバルDX関連株式(資産成長型)
運用会社名 日興 大和 インベスコ 三井住友DS 三井住友DS
カテゴリー 国際株式・グローバル・含む日本(F) 国内中型グロース 国際株式・グローバル・含む日本(F) 国際株式・北米(F) 国際株式・北米(F)
基準価額 5,024円 6,343円 11,365円 6,943円 8,969円
純資産 195,795 百万円 11,797 百万円 621 百万円 28,182 百万円 52,397 百万円
運用年数 1年 22年 2年 1年 1年
経費率 -- 1.91% 0.37% 1.23% 1.23%
売買回転率 -- -- -- -- --
デュレーション(債券の場合) -- -- -- -- --
格付(債券の場合) -- -- -- -- --
トータルリターン1年 -57.87% -11.73% -18.90% -26.65% -26.76%
トータルリターン3年(年率) -- 4.79% -- -- --
トータルリターン5年(年率) -- 3.20% -- -- --
トータルリターン10年(年率) -- 10.34% -- -- --
シャープレシオ1年 -1.39 -0.69 -0.83 -0.85 -0.85
シャープレシオ3年 -- 0.24 -- -- --
シャープレシオ5年 -- 0.16 -- -- --
シャープレシオ10年 -- 0.56 -- -- --
標準偏差1年 41.74 17.12 22.72 31.36 31.46
標準偏差3年 -- 20.21 -- -- --
標準偏差5年 -- 20.33 -- -- --
標準偏差10年 -- 18.37 -- -- --

 

できるだけ長い期間で比較をしたいのですが、デジタル関連銘柄は2020年のコロナ相場で爆発的に流行りました。

そして、その流行に乗じた証券会社がこぞってデジタル関連ファンドを作りマーケティングしたため長期の実績がありません。ゼロコンタクトよりも酷いファンドは思いつかなかったのですが、本当に一番最悪な成績でした。

 

標準偏差も41.74と、新興国への投資よりも危険な投資先認定ができてしまいます。「デジタル情報通信革命」は運用歴が22年あり、デジタルに目をつけるのが早すぎるくらいです。

しかしデジタルに投資している割にリターンが冴えないのはどういうことなのかよくわかりませんが、少し興味が湧きました。

 

圧倒的に成功する資産形成とはとても地味なのである

巷ではFIREという言葉が流行している。FIREはFinancial Independence Retire Earlyの略、つまり資産形成をして、アーリーリタイアしようというムーブメントである。

しかし、筆者は海外生活も長く、FIREのような考え方は海外では昔から普通だった。日本では漸くこのFIREの考え方が流行しているとのことで遅いものだと感じたものだ。

 

話を本題に戻すが、このFIREの考え方は4%の利回りで生活費を賄えるようであれば、リタイアしても良いという指針となっている。4%は個人投資家が実現できるリターンであることは筆者の経験からも正しいと思う。

 

そして、この4%は非常に馬鹿にされがちだが、途轍もないインパクトを残す運用利回りなのだ。1000万円を運用すれば年リターンは40万円、1億円を運用すれば400万円。

数字だけ見れば面白味のない、物足りなさすら考えるが、これが複利となるとどうなるだろうか?1億円を10年運用すれば1.5億円となり、年間のリターンが100万円増えているのだ。

運用利回りが年率8%であれば10年で資産は2倍以上になる。(FIREしてしまい、運用益を生活に使ってしまってはこれは達成できない。FIREはそもそも資産3億円以下ではすべきではないだろう)

 

ゼロ・コンタクトのような金融相場でしか輝くことができず、積み上げた利益をあっという間に吐き出しているようなファンドを弄っている以上は大幅な資産形成など見込めない。堅実な運用利回りをあげられるファンドを選択することをここの読者には強くおすすめする。

 

 

締め括り

 

堅実複利運用

おすすめ投資先ランキング

長期で資産を着実に育てる

 

資産運用で資産を増やす方法は様々あります。効率を求めるのであれば、株式投資が最良の選択肢であることは疑いようのない事実です。

過去の歴史を見ると、それは火を見るより明らかです。「市場が伸びるところ」が最も効率よいです。苦労なく成果を挙げられます。

 

各資産の超長期リターン

 

しかし、株式投資も医者になるくらい勉強をしなければ勝てません。であれば、我々は早々にリスクの高い個別株投資という選択肢は捨てるべきです。

そして、投資のプロが運用する「ファンド」(投資信託、ETF、ヘッジファンド)を選ぶべきなのです。

ここでファンド選びが最も大切です。長年、筆者も資産運用を実施してきました。

 

結局は絶対にマイナスになる年を作らない、小さい利回りでも良いのでしっかりプラスを出す、それを長年続けるファンド。このようなファンドを活用することがベストプラクティスであり、正しい資産運用です。資産が強烈に伸びていきます。

 

上記の条件を主眼に置きながら、筆者のポートフォリオを構成するファンドを中心にランキング記事を作成してみましたので参考にしてみてください。

 

堅実複利運用

おすすめ投資先ランキング

長期で資産を着実に育てる

 

-日本の投資信託(含むETF)分析