日本の投資信託(含むETF)分析

【ブログ更新】TOPIXを上回る実績?東京海上・ジャパン・オーナーズ株式オープンを評判や組み入れ銘柄も鑑みブログで徹底評価!

日本株に投資している様々なアクティブ投資信託が存在していますが、

なかなかインデックスに対してプラスのリターンを出せているファンドはありません。

➡︎ インデックス型投信(=パッシブ)とアクティブ型投資信託はどっちがおすすめ?成績や手数料を中心に金融庁データをもとに徹底比較!

 

しかし、その中でも運用開始以来高いパフォーマンスを出しているファンドも存在しています。

今回紹介する東京海上・ジャパン・オーナーズ株式オープンもその1つです。

それでは、東京海上・ジャパン・オーナーズ株式オープンの運用の特徴とパフォーマンスについて詳しくお伝えしていきたいと思います。

 

東京海上・ジャパン・オーナーズ株式オープンの特徴とは?

ではまず東京海上・ジャパン・オーナーズ株式オープンの特徴についてお伝えしていきたいと思います。

オーナー企業に投資することが最大の特徴

東京海上・ジャパン・オーナーズ株式オープンは経営者が実質的に主要な株主であるオーナー企業を主要投資対象とするファンドです。

 

経営者が実質的に主要な株主である企業とは、経営者およびその親族、資産管理会社等の合計持株 比率(実質持株比率)が5%以上である企業とします。

参照:東京海上

 

オーナー企業に投資をすることで以下の2つのメリットがあるとしています。

  • 長期的な株主利益の追求
  • 迅速な意志決定

筆者も自分で会社を経営していて身を以て実感しているのですが、会社の利益の追求のために粉骨砕身することに苦痛を全く感じません。

利益が伸びれば、自分の資産が増加しますからね。

オーナー企業の場合は企業の経営者と株主の利害が一致するのです。

さらに、大株主が経営者であれ意志決定が早いのも魅力的です。絶えず変化する環境に即座に対応してくれるのです。

 

実際、役員等の合計持ち株比率が5%以上である企業の営業利益水準の推移は以下のとおり、東証一部上場企業の利益を上回り続けています。

オーナー企業の営業利益水準は高い

 

投資先は中小型企業が多くを占める

オーナー企業が多いので当然中小型株の構成比率が高くなります。

以下は2022年4月末時点の市場別・規模別資産構成になります。小型株が33%となっています。

 

東証 1部 大型株 17.6%
中型株 44.4%
小型株 33.0%
東証二部・マザーズ 2.7%
JASDAQ 0.6%

 

実は、以下は2020年10月時点の構成比ですが、この頃は中型株、小型株の比率はさらに大きく、大型株はなんと10%を下回っていました。

保守的な運用に切り替えたことがよくわかりますね。

 

東証 1部 大型株 9.5%
中型株 47.2%
小型株 35.5%
東証二部・マザーズ 4.0%
JASDAQ 2.0%

 

東証一部は2196銘柄上場企業が存在しますが、大型中型小型のくくりは以下の通りとなっています。

 

  • 大型︓TOPIX 100 (時価総額・流動性の高い100銘柄)
  • 中型︓TOPIX Mid 400 (TOPIX 100に次いで時価総額・流動性の高い400銘柄)
  • 小型︓TOPIX Small (上記以外)

 

小型株に多く投資しているということは小型株効果を得ている可能性が高いですね。

構成上位10銘柄

ジャパンオーナーズの組入銘柄は45銘柄と比較的少なくなっています。

2022年4月末時点の上位10銘柄は以下の通りとなっています。

 

銘柄 業種 比率 時価総額 PER
1 エアトリ サービス業 4.40% 666億円 47.6倍
2 SBSホールディングス 陸運業 4.30% 1,325億円 11.3倍
3 朝日インテック 精密機器 4.00% 6,492億円 61.8倍
4 セガサミーホールディングス 機械 3.90% 5,782億円 18.4倍
5 ユー・エス・エス サービス業 3.50% 6,412億円 19.0倍
6 リゾートトラスト サービス業 3.20% 2,278億円 31.8倍
7 ソフトバンクグループ 情報通信業 3.20% 9兆6,106億円 -
8 ファーストリテイリング 小売業 3.10% 6兆6,052億円 36.4倍
9 カシオ計算機 電気機器 3.10% 3,474億円 19.9倍
10 パーク24 不動産業 3.10% 3,089億円 123.0倍

 

2021年3月時点は以下のようなポートフォリオとなっていました。大きく銘柄構成が変わっています。日本電産が今では上位から消えています。

 

銘柄 比率 時価総額 PER
リゾートトラスト
サービス業
4.7% 2,102億円 33.5倍
パーク24
不動産業
4.5% 3,433億円 68.4倍
アウトソーシング
サービス業
4.3% 1,733億円 17.1倍
日本電産
電気機器
4.2% 7兆6,623億円 62.7倍
ポーラ・オルビス
化学
4.2% 6,301億円 53.8倍
エアトリ
サービス業
4.0% 2,104億円 77.3倍
イズミ
小売業
3.7% 3,024億円 15.9倍
フジシール
その他製品
3.7% 1,467億円 16.9倍
ユー・エス・エス
サービス業
3.4% 6,343億円 22.8倍
SBSホールディングス
陸運業
3.4% 1,103億円 13.1倍

 

構成上位の第1位であるSBSホールディングスはサードパーティーロジスティクス大手。

大型物流設備を運営し、多くの企業から物流を受託している企業です。2021年末から株価は大きく下落中です。

SBSホールディングスのチャート

 

またPERが基本的に高い企業に投資をしているので、割安株投資ではなさそうですね。若干、高値圏の危険水域にある銘柄が多いのが懸念されます。

➡︎ PERとPBRとROEとは?株式投資の重要な指標の見方や目安をわかりやすく解説する!

 

高い手数料

東京海上・ジャパン・オーナーズ株式オープンはアクティブ型の投資信託です。そのため手数料は基本的には高くなっているんですが、その中でも高い水準となっています。

 

購入手数料:3.3%(税込)
信託手数料:年率1.584%(税込)

重要なのはパフォーマンスですので、次項で詳しく見ていきたいと思います。

 

ジャパンオーナーズの堅調な運用リターン

それではジャパンオーナーズのリターンについてお伝えしていきたいと思います。

高いリターンを実現

東京海上・ジャパン・オーナーズ株式オープンは以下の通り2013年4月の運用開始以降の運用実績です。

税引前分配金再投資後だと8年間で4倍になっています。

ジャパンオーナーズの基準価格の推移

実際には配当金を出した時点で20.315%の税金が自動的に支払わされます。

そのため、水色のようなリターンになります。実際は青と水色の真ん中のリターンとなります。

 

以下はジャパンオーナーズのデータです。

投資におけるリスク、つまり値動きの激しさを表す指標である標準偏差は非常に大きくなっています。

過去1年はマイナスに転じており下落耐性に不安が残ります。

 

1年 3年
(年率)
5年
(年率)
トータルリターン ▲12.85% 8.40% 17.20%
カテゴリー -6.43% 7.05% 7.24%
+/- カテゴリー -2.74% 3.73% 11.49%
ファンド数 84本 78本 66本
標準偏差 13.90 18.05 18.03
カテゴリー 16.39 18.62 18.02
+/- カテゴリー -1.3 -0.62 -0.07
ファンド数 84本 78本 66本
シャープレシオ -0.92 0.47 0.95
カテゴリー -0.35 0.39 0.41
+/- カテゴリー -0.26 0.21 0.63
ファンド数 84本 78本 66本

 

日経平均とTOPIXとリターンを比較!期間別で紐解く

東京海上・ジャパン・オーナーズ株式オープンは設立以来の成績はTOPIXや日経平均を大幅に上回っています。

ジャパンオーナーズの運用開始以降の日経平均株価とTOPIXの比較

 

しかし、右側をみると直近軟調なことがわかりますね。

過去1年のリターンでみると以下の通り日経平均、TOPIXに劣後した成績となっています。

一時-20%まで掘っており、2022年以降はしばらく試練の時期になりそうですね。

 

ジャパンオーナーズの過去1年の日経平均株価とTOPIXの比較

 

まとめ

東京海上・ジャパンオーナーズ・株式オープンについて纏めると以下となります。

  • 株主が経営者となっているオーナー企業に投資
  • 投資先は中小型株が多い
  • 投資銘柄は高PER銘柄が多い
  • 手数料はアクティブ型投信の中でも高い水準
  • 運用開始以来のリターンは日経平均やTOPIXを大幅に凌駕
  • 過去1年は日経平均には劣後

 

素晴らしい投信ではありますが、下落するときは大幅に下落するところが欠点としてあげられます。

長期的に資産を形成するためには暴落を免れながら安定的な7%-10%のリターンをだすほうが魅力的です。

締め括り

 

堅実複利運用

おすすめ投資先ランキング

長期で資産を着実に育てる

 

資産運用で資産を増やす方法は様々あります。効率を求めるのであれば、株式投資が最良の選択肢であることは疑いようのない事実です。

過去の歴史を見ると、それは火を見るより明らかです。「市場が伸びるところ」が最も効率よいです。苦労なく成果を挙げられます。

 

各資産の超長期リターン

 

しかし、株式投資も医者になるくらい勉強をしなければ勝てません。であれば、我々は早々にリスクの高い個別株投資という選択肢は捨てるべきです。

そして、投資のプロが運用する「ファンド」(投資信託、ETF、ヘッジファンド)を選ぶべきなのです。

ここでファンド選びが最も大切です。長年、筆者も資産運用を実施してきました。

 

結局は絶対にマイナスになる年を作らない、小さい利回りでも良いのでしっかりプラスを出す、それを長年続けるファンド。このようなファンドを活用することがベストプラクティスであり、正しい資産運用です。資産が強烈に伸びていきます。

 

上記の条件を主眼に置きながら、筆者のポートフォリオを構成するファンドを中心にランキング記事を作成してみましたので参考にしてみてください。

 

堅実複利運用

おすすめ投資先ランキング

長期で資産を着実に育てる

 

-日本の投資信託(含むETF)分析