将来が期待されると評判のファンドスミス・グローバル・ エクイティ・ファンドを考察

日本の投資信託(含むETF)分析

将来が期待されると評判のファンドスミス・グローバル・ エクイティ・ファンドを網羅的に考察

2022年8月8日

今回も投資信託を分析していきます。

世の中には様々なファンドが存在しますが、一つ一つしっかりと分析し、本当に優秀なファンドなのかを見極める必要があります。

 

株式投資と実は同様に、ファンド探しも難しいのです。しかし多くの人はなんとなくで投資をし、損をしています。

今回取り上げるファンドは「ファンドスミス・グローバル・エクイティ・ファンド」です。

 

ファンドスミス・グローバル・ エクイティ・ファンドとは?

商品分類:

  • 単位型・ 追加型:追加型
  • 投資対象 地域:内外
  • 投資対象資産 (収益の源泉):株式

属性区分:

  • 投資対象資産:その他資産 (投資信託証券 (株式 一般))
  • 決算頻度:年1回
  • 投資対象地域:グローバル (含む日本)
  • 投資形態:ファンド・オブ・ファンズ
  • 為替ヘッジ:なし

 

ファンドオブファンズ形式のグローバルな投資をおこなっていくファンドであることがわかりました。

ファンドオブファンズの場合、投資家からの資金集めのための箱としてファンドスミス・グローバル・ エクイティ・ファンドを設立しているのか、本当に個人投資家がリーチできない優秀な世界のファンドに代わりに投資してくれているのかが気になるところですね。

 

ファンドの特色と組入銘柄:長期的な値上がり益の獲得をめざして運用(組入銘柄の株価は?)

「長期的な値上がり益の獲得 をめざして運用」と目論見書で謳っており、まさに株式市場よりも企業の成長可能性、世界のトレンドの移り変わりを捉える、といったファンドですね。

未来への目利きが必要となりますので、辛抱強く10年、それ以上忍耐強く、投資を続けなければならないファンドであると覚悟しましょう。

ただし、過去のリターンからその将来を読み解く力が本当にあるかどうかはある程度わかりますので、そちらでファンドの実力を見極めましょう。

 

さて、ポートフォリオはどのような形になっているのでしょうか?

最新の9月末時点の状況を見ていきます。まずはセクターです。

業種別組入比率、国・地域別組入比率

 

生活必需品と情報技術セクターがやはり大きくなってきますね。また、73.6%が米国の企業への投資となっています。

なんとなくですが、FANGMAN(Facebook Apple Nvidia Google Microsoft Amazon Netflix)への投資が多いのではないでしょうか。インデックス投信とリターンが変わらない可能性がすでに懸念されます。

 

具体的なポートフォリオは以下です。

銘柄名 業種 比率
マイクロソフト 情報技術 9.30%
アマゾン 一般消費財 8.90%
アップル 情報技術 5.70%
アルファベット(GOOG) コミュニケーション 5.00%
アクセンチュア 情報技術 3.50%
アメリカン・タワー 不動産 3.40%
パロアルトネットワークス 情報技術 3.30%
KLAコーポレーション 情報技術 3.20%
エクイニクス 不動産 2.90%
シスコシステムズ 情報技術 2.80%

 

以下は6月末時点のポートフォリオですが、現在はマイクロソフト以外のGAFAM銘柄が入ってきていることがわかります。以前は割と堅実な銘柄が入っていました。2022年の米国の下落相場も、他のファンドに比べるとダメージは薄めではあります。

しかし、現在10月時点でも株価指数の下落は続いているので、ダメージが大きくなっている可能性があります。

銘柄名 業種
1 マイクロソフト 米国 情報技術
2 ノボ・ノルディスク デンマーク ヘルスケア
3 フィリップ・モリス・インターナショナ ル 米国 生活必需品
4 ロレアル フランス 生活必需品
5 エスティローダー 米国 生活必需品
6 アイデックスラボラトリーズ 米国 ヘルスケア
7 ペプシコ 米国 生活必需品
8 マコーミック 米国 生活必需品
9 ストライカー 米国 ヘルスケア
10 オートマチック・データ・プロセシン グ 米国 情報技術

 

 

前にファンド分析をした「アライアンスバーンスタイン米国成長株投信」もマイクロソフトがポートフォリオの一位だったのですが、年初来ではリターンは沈んでいます。

マイクロソフト株価

 

2位のアマゾンも年初来大幅マイナスです。

アマゾン 株価

 

以前はノボノルディスクをポートフォリの2位に置いていました。年初来はマイナスではあるものの、金融引き締め期間にしては下落耐性が強い銘柄です。今は上位銘柄から外れています。

ノボ・ノルディスク株価

 

 

ファンドの特色:ファンドスミスSICAV- ファンドスミス・エクイティ・ファンドが運用

ファンドスミスSICAV- ファンドスミス・エクイティ・ファンドが運用することになっていますので、実質的にはファンドスミス・グローバル・ エクイティ・ファンドは個人投資家から資金を集める箱であることがわかります。

 

ファンドの仕組み

 

無駄に手数料が掛からなくて良さそうですね(多少はかかるとは思います)。

 

ファンドスミス・グローバル・ エクイティ・ファンドの手数料

ファンドスミス・グローバル・ エクイティ・ファンドはアクティブファンドであり、インデックスファンドに比べると手数料は当然高くなります。

ファンドスミス・グローバル・ エクイティ・ファンドの購入手数料は購入時の基準価額に対して3.3%(税込)、信託報酬が年率1.8335%(税込)となります。

 

ファンドスミス・グローバル・ エクイティ・ファンドの基準価格チャート推移、利回りとリスク(運用実績)

それでは見ていきましょう。下落耐性に強いかと期待したのですが、基準価額は設定来マイナスの9,160円です。話になりませんでした。とはいえ設定日が2021年12月22日と最悪な時期での投資開始なので、まだマシな運用をしているようにも見えます。

運用実績の推移

 

筆者から言えることはシンプルで、あまりにも運用実績が短くて評価不可能です。少なくともこの最悪な相場で、プラスを出してしまっていたら、筆者も少し期待をしましたが、さすがにマイナスリターンでした。(しかしファンドマネジャーを責めるような話ではありません)

 

より細かいデータは以下です。

1カ月 3カ月 6カ月 設定来
トータルリターン -4.66% -0.42% -6.43% -8.40%
カテゴリー -6.50% -2.48% -10.55% --
+/- カテゴリー 1.84% 2.06% 4.12% --
順位 68位 83位 103位 --
%ランク 18% 22% 28% --
ファンド数 391本 382本 368本 --

 

もう少し、実績を積み、最低でもあと4、5年ほどは観察した上で投資判断を決めたいものです。筆者も応援したいファンドです。ただ今買うのは流石に無理ですね。

 

指数との比較

以下はインデックスとの比較でしたが、こちらは流石に負けていました。

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)との比較

 

あくまで、まだまだ短期運用ですので、ファンドスミス・グローバル・ エクイティ・ファンドをそこまで批判はできません。

ポートフォリオの銘柄も他ファンドは想像通りの内容なのですが、ファンドスミス・グローバル・ エクイティ・ファンドは比較的ファンドマネジャーの意志のある銘柄選択を行なっており、将来的には化けるファンドになる可能性を感じます。

 

ファンドスミスの掲示板などでの口コミ

あまり参考にはなりませんでしたが、Yahoo!ファイナンスの口コミは以下です。まだ若いファンドなので、数年後の結果に期待です。

こりゃ当分ダメだ

9月22日以降の投稿が全く無し
所有者から見放されたかな⁉️
不安ドスミス、頑張ってくれよ‼️

基準価額9492円プラス➕69円
良く頑張ってくれた!

明日の晩には、此処にも超特大の台風が吹き荒れる!

今日は若干上がるかな?天でエリザベス女王が見待って下さっているかも?

昨日のは晩は個別銘柄が上げて12日の基準価額は10000円回復か?エリザベス女王が天から見てくださっているか?ファンドスミス頑張って!

 

 

ファンドの今後とまとめ

ファンドスミス・グローバル・ エクイティ・ファンドについてまとめました。

まだまだ運用期間が非常に短いファンドではありますが、将来的に可能性は感じました。ただし、2022年〜2023年、または2024年までは金融引き締めが続く可能性があり、そもそも米国株は厳しい環境です。

この金融引き締めが終わり、ファンドスミス・グローバル・ エクイティ・ファンドのリターンを再度確認した時に、素晴らしい成績を出していたら是非とも投資を検討したいですね。

 

締め括り

 

堅実複利運用

おすすめ投資先ランキング

長期で資産を着実に育てる

 

資産運用で資産を増やす方法は様々あります。効率を求めるのであれば、株式投資が最良の選択肢であることは疑いようのない事実です。

過去の歴史を見ると、それは火を見るより明らかです。「市場が伸びるところ」が最も効率よいです。苦労なく成果を挙げられます。

 

各資産の超長期リターン

 

しかし、株式投資も医者になるくらい勉強をしなければ勝てません。であれば、我々は早々にリスクの高い個別株投資という選択肢は捨てるべきです。

そして、投資のプロが運用する「ファンド」(投資信託、ETF、ヘッジファンド)を選ぶべきなのです。

ここでファンド選びが最も大切です。長年、筆者も資産運用を実施してきました。

 

結局は絶対にマイナスになる年を作らない、小さい利回りでも良いのでしっかりプラスを出す、それを長年続けるファンド。このようなファンドを活用することがベストプラクティスであり、正しい資産運用です。資産が強烈に伸びていきます。

 

上記の条件を主眼に置きながら、筆者のポートフォリオを構成するファンドを中心にランキング記事を作成してみましたので参考にしてみてください。

 

堅実複利運用

おすすめ投資先ランキング

長期で資産を着実に育てる

 

-日本の投資信託(含むETF)分析