1億円以上資産運用

宝くじに当たったら資産運用が必要?高額当選したあと破産しないために必要な対策

宝くじに当たったら資産運用が必要!?高額当選したあと破産しないために必要な対策をお伝えする!

宝くじに当たってみたいという夢は誰しもが持つことと思います。

では実際に高額当選したらどうすれば良いでしょうか?

 

仕事を辞めたい、家を買いたい、車を買いたい、服を買いたい、旅行をしたいと様々な使い道を思い浮かべる方が多いかと思います。

 

しかし、残念ながら宝くじ販売元のみずほ銀行の宝くじ部長によると、高額当選した人の8割はその後自己破産するという話が出ています。

折角、高額当選しても一度生活を引き上げると元に戻せなくなってしまうのです。本日は宝くじにそもそも当選する確率についてお伝えした上で、破産を免れるための合理的な方法についてお伝えしていきたいと思います。

 

宝くじが当選する確率と期待値とは?

まずは宝くじが当選する確率と期待値についてみていきましょう。直近のバレンタインジャンボ宝くじの当選金額と当選本数となります。

販売額は270億円で1枚300円なので発売数量は9000万枚となります。この枚数を元に当選確率や期待値も算出しています。

 

当選金 当選本数 当選確率  期待値
1等 2億円 9本 1/1000万 20円
前後賞 5000万円 18本 1/500万 10円
組違賞 10万円 891本 99/1000万 9.9円
2等 1000万円 27本 1/300万 3.3円
3等 100万円 450本 1/20万 5円
4等 5万円 27,000本 3/10,000 15円
5等 1万円 270,000本 3/1,000 30円
6等 3000円 900,000 1/100 30円
7等 300円 9,000,000 1/10 30円
期待値合計 153.2円

 

2億円あたる確率は本当に少ないですね。上記をみると300円購入して得られる期待値は152円と半分程度となります。

競馬やパチンコよりも悪い還元率ですね。まさに形を変えた税金ということが出来るからもしれません。

 

筆者も宝くじは絶対に買わないというスタンスなのですが、両親は夢を買っているんだといい毎回購入しています。

夢を購入しない限り夢は掴めないという気持ちで期待値関係なく購入しているという方もいらっしゃることと思います。

 

何故、高額当選者は破産してしまうのか?

では何故高額当選者は破産してしまうのでしょうか?

仕事を辞めてしまい収入が途絶える

まず収入面からです。1億円以上の高額当選となれば仕事をやめるという選択肢をとる方も多いのではないでしょうか?

実際、米国では高額当選者の44%が仕事をやめてしまうというデータもあります。確かに生きるための資産を既に構築しているのであれば、働きたくないですよね。

 

しかし、完全にリタイアするためには保守的に見積もると2億円は必要となります。1等の2億円が当選したとしてもギリギリというレベルですね。1億円程度で仕事を辞めてしまうのは危険といえるでしょう。

→ 完全リタイアは2億円あったら資産運用だけで可能?50歳・60歳で労働意欲が無くなっても安定的に不労所得を獲得するための投資ポートフォリオの割合について考察

 

また、日本は一度キャリアが途絶えた人に対して厳しい見方をします。一度、仕事をやめてしまうと復帰も難しいということを考えると安易に仕事を辞めるべきではありません。

一度引き上げた生活水準は下げられない

次に支出面です。

人は大金を手にすると気持ちが大きくなります。家を買ったり高級な外車を買ったり、今までに比べて食事を贅沢にしたりと浪費をする傾向が強くなります。

 

結果として加速度的に当選金額が減っていきます。また、皆さん経験がある方は多いと思いますが、一度あがった生活水準を再び引き下げるのは難しい傾向にあります。

一度、贅沢をしてしまうと人間は、その味を忘れられないのです。もし、仕事を辞めてしまっており、更に贅沢の蜜の味を味わってしまっていては破産への道を突き進んでいくしかないのです。

当選金額を切り崩しながら守り育てよう

破産をしないために最も有効な方法が投資を行うことです。

投資を行えば資産を増やすことができるだけでなく、資産を投じているため無駄な浪費を防ぐことができます。

投資で10%のリターンを狙っていこう

投資は危険と考えている方が多いと覆いますが、投資をすることで資産を増やすことができます。

しっかりとした投資をすることで10%までのリターンであれば狙うことが可能です。別に難しい個別株投資を行う必要もありません。

 

10%のリターンを狙う方法については以下で詳しくお伝えしていますので、今回は割愛させていただきたいと思います。是非ともご覧いただければと思います。

 

 

4%ルールで切り崩そう

せっかく宝くじにあたったのに少しの贅沢もできないのは勿体ないですよね。

そこでおすすめなのが4%ルールです。4%ルールは資産の4%を切り崩して生活費の足しにするというものです。

4%ルールで切り崩せば仮に投資をしていなかったとしてお25年間は宝くじの当選金を使用しつづけることができ幸福感が長続きします。

 

更に先ほど目標としてあげた10%で運用することにより切り崩しながら資産を形成することができます。

仮に1億円当選して10%で運用しながら4%切り崩した場合の資産推移は以下となります。資産が増えながらも切崩額も共に増えていっています。

 

10%で運用しんがら4%ずつ切り崩した場合の資産額の推移
運用額 切崩額
現在 10,000
1年目 10,600 400
2年目 11,236 424
3年目 11,910 449
4年目 12,625 476
5年目 13,382 505
6年目 14,185 535
7年目 15,036 567
8年目 15,938 601
9年目 16,895 638
10年目 17,908 676
11年目 18,983 716
12年目 20,122 759
13年目 21,329 805
14年目 22,609 853
15年目 23,966 904
16年目 25,404 959
17年目 26,928 1,016
18年目 28,543 1,077
19年目 30,256 1,142
20年目 32,071 1,210

 

12年目には資産を倍にすることができます。1億円の当選であれば12年後には完全リタイアが見えてくるということですね。

まとめ

今回のポイントを纏めると以下となります。

  • 宝くじで高額当選をする可能性は限りなくゼロの近い
  • 宝くじの期待値は半分程度でパチンコより低い
  • 高額当選者は仕事をやめたり浪費によって破産確率は高い
  • 投資をしながら切り崩して資産を守り育てよう
長期で力強く資産を育てる安定複利運用。筆者が考える勝率の高いおすすめ投資先、投資哲学・投資戦略が明確なファンド。

 

>>おすすめファンドランキング

 

資産運用で資産を増やす方法は様々あります。効率を求めるのであれば、株式投資が最良の選択肢であることは疑いようのない事実です。過去の歴史を見ると。それは火を見るより明らかです。「市場が伸びるところ」が最も効率よいです。苦労なく成果を挙げられます。

 

 

苦労なく、と申し上げました。しかし「個別株」については別です。

自分で株式投資で高いリターンを狙うのは、はっきりいって危険極まりありません。株式市場とはそんなに甘い世界ではないです。株式市場で勝つには、血の滲むような努力が必要です。とある米国の有名トレーダーは言いました。

医者になるには膨大な勉強が必要だ。高度な知識と技術が求められるから。株式投資も同様だ。しかし、株式投資は皆すぐにハイリターンを叩き出せると思ってしまう。そして破産する。株式投資で勝つにも医者になるのと同じくらいの勉強が必要だ」(グーグルで調べたらすぐに出てくる言葉です)。

 

筆者も同感で、株式投資も医者になるくらい勉強をしなければ勝てないと思料します。であれば、我々は早々にリスクの高い個別投資という選択肢は捨てるべきです。そして、銘柄分散された「ファンド」(投資信託ETFヘッジファンド)を選ぶべきなのです。

 

多くの人は短期間で大きなリターンを狙います。しかしこの考え方では資産は大きく築けません。投機思考は早く卒業することが大切です。月利なんて言葉はこの世から消えれば良いのに、くらいに思っています。高配当株も大嫌いです。元本が溶けるので。

 

長期間・マイナスを出さず、着実なプラスリターン」を重ねる資産運用。これが、資産を増やす上で最もパワフル、そして強烈です。(計算してみてください。10年間、毎年5%の利回りを出し続けるのと、高いリターンは出す年はあるもマイナスリターンもある、という10年間を。「10年間、毎年5%の利回り」の複利効果に度肝を抜かれるのではないでしょうか?)

 

長年、筆者も資産運用を実施してきました。結局は絶対にマイナスになる年を作らない、小さい利回りでも良いのでしっかりプラスを出す、それを長年続ける。これがBest of Bestであり、正しい資産運用です。資産が強烈に伸びていきます。

上記の条件を主眼に置きながら、筆者のポートフォリオを構成するファンドを中心にランキング記事を作成してみましたので参考にしてみてください。

 

 

>>>筆者のおすすめ運用先ランキング