投資信託

低リスク運用が評判の「投資のソムリエ」を徹底評価!運用実績や今後の見通しを含めて詳しく分析する!

低リスク運用が評判の「投資のソムリエ」を徹底評価!運用実績や今後の見通しを含めて詳しく分析する!

資産を増やしたいけど、定期預金では全く増えない。かといって株式投資は値動きが大きくて怖いとてを拱いている方は多いと思います。

そのような方の投資対象となるように設計された投資信託に「投資のソムリエ」があります。投資のソムリエは株式だけでなく債券やREITを組み合わせて安定したリターンを狙う投資信託です。

 

値動きに派手さはありませんが、定期預金に比べると幾分高いリターンとなっているので密かに人気を集めています。

しかし、本当に投資のソムリエに投資するのは合理的な選択肢なのでしょうか?

本日は投資のソムリエについて特徴や運用実績を踏まえてお伝えしていきたいと思います。

投資のソムリエの特徴とは?

まずは「投資のソムリエ」の特徴についてお伝えしていきたいと思います。

リスクの目標値は年率4%を目指している

投資のソムリエはリターンの目標ではなくリスクを目標として運用をしています。

投資におけるリスクというのは標準偏差と呼ばれる指標で表されます。標準偏差は価格の値動きの幅を表す指標となっています。

 

あわせて読みたい
投資におけるリスクとは?標準偏差を理解してシャープレシオの高い投資を実践しよう!
投資におけるリスクとは?標準偏差を理解してシャープレシオの高い投資を実践しよう!よく投資信託を投資する際にリスクリターンという言葉を耳にすると思います。しかし、皆さん投資におけるリスクについて理解されていますでしょう...

 

以下のようにイメージしていただければと思います。リスクが小さいということは平均リターンからブレる可能性が低いということですね。

リターンが4%でリスクが4%の場合の値動き

例えばリターンが4%でリスクが4%の場合の今後1年の想定リターンは以下となります。

リスクが4%の場合の確率毎のリターンのブレ幅

【68.3%の確率】
0%(=4%-4%) 〜 8%(=4%+4%)

【95.4%の確率】
▲4%(=4%-4%×2) 〜 12%(=4%+4%×2)

【99.7%の確率】
▲8%(=4%-4%×3) 〜 16%(=4%+4%×3)

 

4%のリスクというのは相当安全であるということがご理解いただけるかと思います。

国際分散投資を行なっている

投資のソムリエは国際分散投資を行なっています。主に組み入れている資産は以下となります。

安定資産 国内債券
為替ヘッジ先進国債券
リスク性資産 新興国債券
国内株式
先進国株式
新興国株式
国内リート
先進国リート

 

年率4%を目指すための基本的な配分比率は以下となります。

 

投資のソムリエの基本配分比率

上記は基本の構成比率ですが、市場局面に応じて柔軟に変更していく方針としています。まあ、その市場の状況を適時に判断するのが難しいのですがね……。

 

市場環境に応じた柔軟な資産の配分比率の変更

現在の「投資のソムリエ」のポートフォリオ

現在の「投資のソムリエ」のポートフォリオは以下となります。

投資のソムリエのポートフォリオ

参照:2021年4月月次報告書

 

資産分散 比率
外国債券 39.9%
国内債券 3.6%
エマージング債券 8.4%
J-REIT 4.5%
国内株式 7.8%
新興国株式 2.5%
外国REIT 5.0%
外国株式 6.5%
現金 21.9%

 

そもそも安全を期したポートフォリオなのに現金比率21.9%は保守的すぎる気がしますね。今までの資産の推移は以下の通りとんなっています。今は特別現金が多くリスク性資産が小さくなっています。

投資のソムリエのポートフォリオの配分の推移

今後の見通しの項目で詳しくお伝えしていきたいと思います。

高い手数料水準

投資のソムリエはアクティブ型の投資信託です。

→ パッシブ運用型(=インデックス型)とアクティブ運用型投資信託はどちらがおすすめ?成績や手数料を含めてわかりやすく比較する!

 

そのため手数料は高くて、以下の通りとなっています。

  • 購入手数料3.3%
  • 信託手数料1.54%

 

成績が高ければ問題ないのですが、非常に高い手数料水準ですね。

コラム:投資のソムリエはファンドオブザイヤー2020年に選出されている

投資のソムリエはモーニングスターが選ぶ「ファンドオブザイヤー2020」に選出されています。投資のソムリエ以外にも各部門で選ばれたファンドは以下となります。

 

国内株式部門 情報エレクトロニクスファンド
国際株式型(グローバル)部門 ベイリー・ギフォード
世界長期成長株ファンド
愛称:ロイヤル・マイル
国際株式型(特定地域)部門 グローバルAIファンド
(為替ヘッジあり)
安定資産型部門 投資のソムリエ
バランス型部門 ピクテ・マルチアセット・
アロケーション・ファンド
愛称:クアトロ
オルタナティブ型部門 ダブル・ブレイン

 

関連:オルタナティブ型の運用方針が評判の投資信託「ダブル・ブレイン」への投資は魅力的なのかを徹底評価!

投資のソムリエの成績とは?

肝心の「投資のソムリエ」の成績について見ていきましょう。

リスクは低いがリターンも低い

ではまず「投資のソムリエ」のリターンは以下となります。

投資のソムリエの運用実績

参照:月次報告書

 

1年 3年(年率) 5年(年率)
リターン 2.71% 3.73% 2.83%
リスク 2.32% 2.57% 2.52%

参照:Morningstar

過去5年のリスクリターンをベースの今後1年間のリターンを確率毎に推定すると以下の通りとなります。(参照:投資におけるリスクとは?)

 

【68.3%の確率】
0.31%(=2.83%-2.52%) 〜 5.35%(=2.83%+2.52%)

【95.4%の確率】
▲2.21%(=2.83%-2.52%×2) 〜 7.87%(=2.83%+2.52%×2)

【99.7%の確率】
▲4.73%(=2.83%-2.52%×3) 〜 10.39%(=2.83%+2.52%×3)

リスクは目標よりも低く抑えられていますがリターンは相当低いですね。

 

eMAXISバランス(8資産均等型)と比較

では他の資産分散型の投資信託と比較してみましょう。

eMAXISバランス(8資産均等型)と比較したいと思います。投資のソムリエとのポートフォリオとの比較は以下となります。

 

資産分散 投資のソムリエ
比率
eMAXISバランス
比率
外国債券 39.9% 12.5%
国内債券 3.6% 12.5%
エマージング債券 8.4% 12.5%
J-REIT 4.5% 12.5%
国内株式 7.8% 12.5%
新興国株式 2.5% 12.5%
外国REIT 5.0% 12.5%
外国株式 6.5% 12.5%
現金 21.9%

 

eMAXISバランスの方がリスク性資産に多く投資していることが読み取れますね。リターンは以下の通りとなります。

青:投資のソムリエ
赤:eMAXISバランス(8資産均等型)

投資のソムリエのとeMAXISバランス(8資産均等型)の比較

確かに値動きは投資のソムリエの方が小さいですが、リターンはeMAXISバランスに比べて圧倒的に劣後しています。

コラム:安全に高いリターンを求めたい時にベストな選択肢とは?

おそらく投資のソムリエを検討している方はリスクを極力抑えながらも、ある程度のリターンが欲しいという方ではないでしょうか。

そのような方におすすめなのがヘッジファンドです。ヘッジファンドといえば、レバレッジを効かせて危険というイメージがあるかもしれませんが、実態は全くことなります。

 

ヘッジファンドは相場の下落を抑制させながらも高いリターンをだしています。安全に高いリターンを出すという意味では非常に魅力的な選択肢です。

ヘッジファンドとS&P500指数と世界株式指数のチャート

筆者が投資しているファンドは過去投資した6年間、下落相場を何度も無傷でのりきりながら安定して10%程度のリターンを出し続けてくれています。

以下、ランキング形式でお伝えしていますのでご覧いただければと思います。

 

あわせて読みたい
【2021年】国内優良ヘッジファンドおすすめランキング。資産運用にヘッジファンドを選ぶ理由とファンド選びで失敗しないコツを紹介
【2021年】国内優良ヘッジファンドおすすめランキング。資産運用にヘッジファンドを選ぶ理由とファンド選びで失敗しないコツを紹介「ヘッジファンド」といえば、投資のプロであるファンドマネジャーが下落相場でも上昇相場でも果敢にプラスリターンを狙っていく、という印象が強...

 

今後の投資のソムリエの見通しとは?外国債券の高い比率が懸念材料

もう一度現在の投資のソムリエのポートフォリオを見てみましょう。

資産分散 比率
外国債券 39.9%
国内債券 3.6%
エマージング債券 8.4%
J-REIT 4.5%
国内株式 7.8%
新興国株式 2.5%
外国REIT 5.0%
外国株式 6.5%
現金 21.9%

 

外国債券が40%を占めています。債券というのは金利が高くなると価格が下落します。

現在既に先進国を牽引している米国の長期金利は下限となっています。つまり、ここからの債券の値上がりは見込めないのです。

 

米国の10年債金利の推移

参照:FRED

 

むしろ、米国のコロナの感染者数は現在激減しています。

米国のコロナの感染者数の推移

結果として、今後経済が再開する期待が高まり長期金利を中心に上昇をし始めています。

以下は過去1年の米国10年債の利回りですが徐々に回復してきています。そして今後加速していくことも見込まれているのです。

米国10年債金利の推移

参照:FRED

 

つまり今後は金利上昇に伴って債券価格が下落していくことが見込まれます。

 

あわせて読みたい
国債や社債といった債券投資はおすすめできる?金融環境をふまえてETFや債券投資信託を含めて検証する!
国債や社債といった債券投資はおすすめできる?金融環境をふまえてETFや債券投資信託を含めて検証する!労働収入だけではなかなか資産が増えていかない。かといって副業で稼ぐのも難しい。では投資が最も有効だと考えるものの、できる限り元本は減らし...

 

まとめ

投資のソムリエについてまとめると以下となります。

  • 投資のソムリエは8資産に分散投資している
  • 目標とするKPIは4%のリスク
  • リターンは低いがリスクは4%未満に抑えられている
  • あまりにも低いリターンすぎて投資妙味は低い
  • 債券への偏った投資が今後の相場ではマイナスに働く公算が大きい

以下で管理人の目線でおすすめできるファンドについては詳しくまとめていますので参考にしていただければと思います。

長期で力強く資産を育てる安定複利運用。筆者が考える勝率の高いおすすめ投資先、投資哲学・投資戦略が明確なファンド。

 

>>おすすめファンドランキング

 

資産運用で資産を増やす方法は様々あります。効率を求めるのであれば、株式投資が最良の選択肢であることは疑いようのない事実です。過去の歴史を見ると。それは火を見るより明らかです。「市場が伸びるところ」が最も効率よいです。苦労なく成果を挙げられます。

 

 

苦労なく、と申し上げました。しかし「個別株」については別です。

自分で株式投資で高いリターンを狙うのは、はっきりいって危険極まりありません。株式市場とはそんなに甘い世界ではないです。株式市場で勝つには、血の滲むような努力が必要です。とある米国の有名トレーダーは言いました。

医者になるには膨大な勉強が必要だ。高度な知識と技術が求められるから。株式投資も同様だ。しかし、株式投資は皆すぐにハイリターンを叩き出せると思ってしまう。そして破産する。株式投資で勝つにも医者になるのと同じくらいの勉強が必要だ」(グーグルで調べたらすぐに出てくる言葉です)。

 

筆者も同感で、株式投資も医者になるくらい勉強をしなければ勝てないと思料します。であれば、我々は早々にリスクの高い個別投資という選択肢は捨てるべきです。そして、銘柄分散された「ファンド」(投資信託ETFヘッジファンド)を選ぶべきなのです。

 

多くの人は短期間で大きなリターンを狙います。しかしこの考え方では資産は大きく築けません。投機思考は早く卒業することが大切です。月利なんて言葉はこの世から消えれば良いのに、くらいに思っています。高配当株も大嫌いです。元本が溶けるので。

 

長期間・マイナスを出さず、着実なプラスリターン」を重ねる資産運用。これが、資産を増やす上で最もパワフル、そして強烈です。(計算してみてください。10年間、毎年5%の利回りを出し続けるのと、高いリターンは出す年はあるもマイナスリターンもある、という10年間を。「10年間、毎年5%の利回り」の複利効果に度肝を抜かれるのではないでしょうか?)

 

長年、筆者も資産運用を実施してきました。結局は絶対にマイナスになる年を作らない、小さい利回りでも良いのでしっかりプラスを出す、それを長年続ける。これがBest of Bestであり、正しい資産運用です。資産が強烈に伸びていきます。

上記の条件を主眼に置きながら、筆者のポートフォリオを構成するファンドを中心にランキング記事を作成してみましたので参考にしてみてください。

 

 

>>>筆者のおすすめ運用先ランキング