投資信託

【愛称:ポジティブ・チェンジ】ESG投信として評判のベイリー ・ギフォードインパクト投資ファンドを徹底評価!今後の見通しについても考察する。

ポジティブ・チェンジの運用チャート

ベイリー ・ギフォードインパクト投資ファンドはESG部門の優秀ファンドとしてモーニングスターのファンド・オブ・ザ・イヤーに選出されています。

 

モーニングスターのファンド・オブ・ザ・イヤーに選出

ベイリー・ギフォードインパクト投資ファンドはポジティブ・チェンジの愛称で親しまれています。以前、取り上げたロイヤルマイルの兄弟投信ということですね。

→ 【愛称:ロイヤル・マイル】評判の投信「ベイリー・ギフォード世界長期成長株ファンド」をわかりやすく評価!評判通りなのか?

 

本日はポジティブチェンジがどのような投信なのかという点についてお伝えした上で、リターンや今後の見通しについても考察していきたいと思います。

ベイリー・ギフォードインパクト投資ファンド(=ポジティブ・チェンジ)の特徴とは?

ベイリー・ギフォードインパクト投資ファンドの特徴についてみていきたいと思います。

長期視点から成長が期待できる世界の株式に分散投資

ポジティブ・チェンジの投資対象は目論見書で以下のように記されています。

持続可能であらゆる人々を受容する世界の実現に向け、好ましい社会的インパクト(社会的変化)をもたらす「インパクト・テーマ」に沿って、重要な社会的課題の解決に資する事業活動を、公正かつ誠実に行う企業の中から投資機会を発掘します。

参照:ポジティブ・インパクトの目論見書

インパクトのあるテーマとしてポジティブ・チェンジが選定しているのは以下の4つです。

✔︎ 平等な社会・教育の実現
✔︎ 環境・資源の保護
✔︎ 医療・生活の質向上
✔︎ 貧困層の課題解決

これらの観点から銘柄を選定しているのでモーニングスターのESGファンドとして選出されています。

コラム:ESGとは?

そもそも最近耳にするESGとは何かと疑問に思われる方も多いとおもうので取り上げたいと思います。ESGとは「Environment」「Social」「Governance」の頭文字です。

これらを重視する企業は長期的に成長を実現できると考えられています。以下が野村総研の説明となっています「。

ESGとは、環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)の頭文字を取って作られた言葉です。気候変動問題や人権問題などの世界的な社会課題が顕在化している中、企業が長期的成長を目指す上で重視すべきESGの観点での配慮ができていない企業は、投資家などから企業価値毀損のリスクを抱えているとみなされます。
そのため、ESGに配慮した取り組みを行うことは、長期的な成長を支える経営基盤の強化につながると考えられています。

「ESG投資」とは「ESGに配慮した企業に対して投資を行うこと」です。
2018年における世界のESG投資額は3100兆円で世界の投資額の3分の1を占めています。ESGが投資で重視されるようになった背景に、国連が2006年に「責任投資原則(PRI)」を提唱したことが挙げられます。2015年には日本の年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)もPRIに署名し、それ以降、国内においてもESG投資が進んでいます。日本におけるESG投資額は336兆円ですが、前年比45%増で伸びています。

参照:野村総合研究所

 

ESG投資は以下の通り年々右肩上がりに増加していっています。

ESG投資額の推移

構成上位は米国銘柄が多い

以下は2021年6月末時点での構成上位銘柄ですが、コロナワクチンで有名なモデルながトップを占めています。また2位には昨年市場を賑わせたテスラを組み入れています。

テスラは環境という観点からも持続可能な社会に貢献している企業ですね。また、3位のASMLは半導体製造装置を作る会社、4位は半導体製造企業であるTSMCがランクインしています。

構成銘柄 テーマ 構成比率
MODERNA 米国 医療・生活の質向上
コロナワクチンの会社
9.0%
TESLA 米国 環境・資源の保護
電気自動車の会社
7.0%
ASML オランダ 平等な社会・教育の実現
半導体製造装置
7.0%
TSMC 台湾 平等な社会・教育の実現
半導体製造会社
6.3%
MERCADOLIBRE ブラジル 平等な社会・教育の実現 5.0%
ILLUMINA 米国 医療・生活の質向上 4.5%
DEXCOM 米国 医療・生活の質向上 4.0%
NIBE INDUSTRIER スウェーデン 環境・資源の保護 3.8%
UMICORE ベルギー 環境・資源の保護 3.7%
M3 INC 日本 医療・生活の質向上 3.3%
合計 53.6%

 

ポジティブ・チェンジの手数料形態

ポジティブ・チェンジの手数料形態は以下となっています。

購入手数料:3.3%(税込)
信託手数料:年率1.463% (税込)

ポジティブ・チェンジの運用実績

それでは重要なポジティブ・チェンジの運用実績についてみていきたいと思います。

ポジティブ・チェンジの運用チャート

参考指数は全世界の株式に分散投資しているMSCIオールカントリー・ワールド・インデックスとしています。ポジティブ・チェンジは全世界株を大幅に上回るリターンを叩き出しています。

ただ、これはあくまで昨年ブームだったテスラやモデルナを保有していたからに過ぎません。直近これらの銘柄は上昇し過ぎた調整をおこなっており株価は年初来停滞しています。

結果的にMSCIオールカントリー・ワールド・インデックスに連動するeMAXIS Slim全世界株式との年初来の比較は以下となります。

青:ポジティブ・チェンジ
赤:eMAXIS Slim全世界株式

ポジティブチェンジとeMAXIS Slim全世界株式との年初来のリターンの比較

ポジティブチェンジは不安定な動きを繰り返しており、全世界株のリターンに劣後する結果となってしまっています。調子のよかった分野の好調というのはいつまでも続くものではありません。

一旦の時代が終焉しており、今後も難しい局面が続くことが想定されます。

まとめ

ポジティブチェンジについてまとめていくと以下となります。

✔︎ ESG的なテーマに即して銘柄を選定している
✔︎ 上位銘柄に比較的多くのポーションを割いている
✔︎ テスラやモデルナなどの話題の銘柄を組み入れている
✔︎ 昨年はブームにのって堅調だったが、直近は調整にあい苦戦している

以下では安定したリターンが期待できる銘柄について纏めていますので参考にしていただければと思います。

長期で力強く資産を育てる安定複利運用。筆者が考える勝率の高いおすすめ投資先、投資哲学・投資戦略が明確なファンド。

 

>>おすすめファンドランキング

 

資産運用で資産を増やす方法は様々あります。効率を求めるのであれば、株式投資が最良の選択肢であることは疑いようのない事実です。過去の歴史を見ると。それは火を見るより明らかです。「市場が伸びるところ」が最も効率よいです。苦労なく成果を挙げられます。

 

 

苦労なく、と申し上げました。しかし「個別株」については別です。

自分で株式投資で高いリターンを狙うのは、はっきりいって危険極まりありません。株式市場とはそんなに甘い世界ではないです。株式市場で勝つには、血の滲むような努力が必要です。とある米国の有名トレーダーは言いました。

医者になるには膨大な勉強が必要だ。高度な知識と技術が求められるから。株式投資も同様だ。しかし、株式投資は皆すぐにハイリターンを叩き出せると思ってしまう。そして破産する。株式投資で勝つにも医者になるのと同じくらいの勉強が必要だ」(グーグルで調べたらすぐに出てくる言葉です)。

 

筆者も同感で、株式投資も医者になるくらい勉強をしなければ勝てないと思料します。であれば、我々は早々にリスクの高い個別投資という選択肢は捨てるべきです。そして、銘柄分散された「ファンド」(投資信託ETFヘッジファンド)を選ぶべきなのです。

 

多くの人は短期間で大きなリターンを狙います。しかしこの考え方では資産は大きく築けません。投機思考は早く卒業することが大切です。月利なんて言葉はこの世から消えれば良いのに、くらいに思っています。高配当株も大嫌いです。元本が溶けるので。

 

長期間・マイナスを出さず、着実なプラスリターン」を重ねる資産運用。これが、資産を増やす上で最もパワフル、そして強烈です。(計算してみてください。10年間、毎年5%の利回りを出し続けるのと、高いリターンは出す年はあるもマイナスリターンもある、という10年間を。「10年間、毎年5%の利回り」の複利効果に度肝を抜かれるのではないでしょうか?)

 

長年、筆者も資産運用を実施してきました。結局は絶対にマイナスになる年を作らない、小さい利回りでも良いのでしっかりプラスを出す、それを長年続ける。これがBest of Bestであり、正しい資産運用です。資産が強烈に伸びていきます。

上記の条件を主眼に置きながら、筆者のポートフォリオを構成するファンドを中心にランキング記事を作成してみましたので参考にしてみてください。

 

 

>>>筆者のおすすめ運用先ランキング