投資信託

【ジェイネクスト】投資信託「SBI中小型成長株ファンド」を徹底評価!ジェイリバイブの兄弟と評判の投信は魅力的?

【ジェイネクスト】投資信託「SBI中小型成長株ファンド」を徹底評価!ジェイリバイブの兄弟と評判の投信は魅力的?

以前、当サイトで人気のファンドとしてジェイリバイブを分析しました。

→ 【ジェイリバイブ(jrevive)】SBI中小型割安成長株ファンドの今後とは?評判が高かったが不調に苦しむ投資信託を徹底評価!

 

以前は成績が良かったのですが、ファンドの規模が大きくなるにつれてリターンが悪化して直近は平凡な成績になっているという結果をお伝えしました。

本日は、ジェイリバイブの兄弟分として運用されている「SBI中小型成長株ファンド」(通称:ジェイネクスト)についてお伝えしていきたいと思います。

ジェイネクスト(=JNEXT)の特徴とは?

ではジェイネクストの特徴についてお伝えしていきます。

ジェイネクストが投資対象とする銘柄群

ジェイネクストが投資対象とするのは上々からある程度時間がたって成長力が高い銘柄群です。

ジェイネクストの狙う銘柄群

銘柄選択は財務諸表で分析を行なった上で直接面談を行い以下の銘柄を選定していきます。

✔︎ 中長期の成長戦略が描けているかどうか
✔︎ 直近の業績が堅調かどうか
✔︎ 財務的に安定しているか
✔︎ 企業経営者の理念や志

銘柄毎の組み入れ比率を限定しているとしています。おって構成上位10銘柄を見ていきますが、基本的には1銘柄あたり5%未満の構成比率となっています。

投資するタイミングは時間分散を行なっている

ジェイネクストでは厳選した銘柄に一度に投資をせずに、時間分散をかけるとしています。

つまり、一気に投資予定額全てを投資せずに、徐々に投資が気宇を引き上げて購入単価を平均していくということですね。

 

この点に関して、筆者としては疑問を持たざるを得ません。本当に自信がある銘柄なら、良いタイミングでできる限り一気に購入した方がよいからです。

購入単価を平均化するというのは機会損失を逃す可能性もありますし、銘柄選択に自信があるのであれば合理的な選択とはいえません。

ジェイネクストの構成上位銘柄

ジェイネクストは2021年6末時点で54銘柄を組み入れており、その中の上位10銘柄は以下の通りとなっています。

順位 銘柄 構成比率
1 トランザクション 3.3%
2 レーザーテック 3.2%
3 エスプール 3.2%
4 メンバーズ 3.1%
5 ローツェ 3.0%
6 シグマクシス 3.0%
7 NITTOKU 2.8%
8 エニグモ 2.8%
9 ジンズホールディングス 2.8%
10 エムアップホールディングス 2.8%
合計 30.0%

 

54銘柄組み入れていて、上位10銘柄で30%しか構成していないとなると銘柄は分散されていることが伺えます。では、構成比率トップのトランザクションについてみていきましょう。

事業概要は雑貨の生産から販売までを一貫して行う企業で、直近では電子タバコ販売も手がけています。

雑貨メーカーグループ。一般雑貨製品・エコ雑貨製品・ヘルスケア&ビューティ雑貨製品の企画・デザインから生産、企業向け・卸業者向け販売、ECサイト販売を営む。カスタムメイド雑貨製品・オリジナル雑貨製品である「エコプロダクツ」「ライフスタイルプロダクツ」「ウェルネスプロダクツ」を生産。カスタムメイド雑貨製品はアパレル・食品業界などのノベルティやキャンペーン企画、ライブコンサート物販グッズ向けを中心に販売。オリジナル雑貨製品は卸売事業者向け販売と自社EC&小売販売、主力商品はエコバッグ等の縫製製品、ボトル・タンブラー、ステーショナリー、コロナ対策製品等。その他、次世代タバコ(VAPE)事業として電子タバコを販売(専門ショップ「vape studio」、卸売、ネット販売「vape.shop」の3体制)。2015年電子タバコ専門ショップ「vape studio」をオープン、伊モレスキン社(手帳)と総販売代理店契約。

 

以下の業績となっています。

トランザクションの業績推移
決算 売上 営業利益 経常利益 当期利益
2009/08 7,068 252 23 67
2010/08 7,480 391 308 188
2011/08 8,347 502 464 301
2012/08 9,183 573 605 321
2013/08 9,445 591 725 439
2014/08 10,119 650 630 388
2015/08 10,252 535 526 226
2016/08 11,941 1,045 1,030 699
2017/08 13,485 1,439 1,402 933
2018/08 15,442 1,700 1,711 1,125
2019/08 16,451 2,046 2,072 1,287
2020/08 18,472 2,802 2,856 1,652
2021/08予 17,578 2,531 2,541 1,690

 

アクティブ型投信としては一般的な手数料水準

以下はジェイネクストの手数料水準です。

購入手数料:3.3%(税込)
信託手数料:年率1.65%(税込)

初年度は5%のマイナスから始まるということですね。ただ重要なのはリターンです。次項でリターンを見ていきましょう。

ジェイネクストのリターンとリスクを分析

ジェイネクストの運用が開始された2005年2月以降の基準価格の推移は以下となります。

ジェイネクストの基準価格の推移

データとしてみると以下となります。

1年 3年
(年率)
5年
(年率)
10年
(年率)
トータル
リターン
36.39% 13.52% 21.54% 23.11%
標準偏差 16.86 24.48 19.97 18.52
シャープ
レシオ
2.16 0.55 1.08 1.25

 

過去3年のリターン13.52%とリスク24.48%から考えられる今後1年間のリターンは以下となります。

平均リターン:13.52%
リスク(=標準偏差):24.48%

【68.3%の確率】

平均値±標準偏差の範囲に収まる

▲10.96%(=13.52%-24.48%)

38.0%(=13.52%+24.48%)

【95.4%の確率】

平均値±(標準偏差×2)の範囲に収まる

▲35.54%(=13.52%-24.48%×2)

62.48%(=13.52%+24.48%×2)

【99.7%の確率】

平均値±(標準偏差×3)の範囲に収まる

▲60.02%(=13.52%-24.48%×3)

86.96%(=13.52%+24.48%×3)

 

リスクがある程度高いので最大損失はある程度覚悟する必要があります。下落せずに安定してジェイネクストのリターンを出すファンドについては以下ランキングの中でお伝えしていますので参考にしていただければと思います。

 

あわせて読みたい
【最新版】安定的なリターンを出すおすすめファンドランキング!長期的な資産を精神的余裕を持って形成しよう!
【最新版】安定的なリターンを出すおすすめファンドランキング!長期的な資産を精神的余裕を持って形成しよう!長期的な観点で安全な老後資産を築きたいというニーズや、単純に将来のためにお金を増やしたいという思いは多くの方が持たれていると思います。 ...

 

ジェイネクストのリターンを日経平均株価と比較

ジェイネクストはアクティブ型の投資信託なので日経平均との比較が重要となります。以下は運用開始後からの日経平均株価との比較となります。

日経平均株価とジェイネクストの運用開始以降の比較

2016年から2019年の大きなリードを保っているという形になっています。しかし、過去3年で見ると見方が変わってきます。

過去3年の日経平均株価とジェイネクストの運用開始以降の比較

殆ど同じ動きとなっています。なかなか、長期的に指数に対してプラスのリターンを出し続ける難しさが伺えますね。

 

「ジェイリバイブ」や「ひふみ投信」と比較

では兄弟分のジェイリバイブや「ひふみ投信」とも比べてみましょう。

青色:ジェイネクスト
赤色:ジェイリバイブ
緑色:ひふみ投信

ジェイネクストとジェイリバイブとひふみ投信の比較

ジェイリバイブとジェイネクストは「ひふみ投信」を置き去りにしていますね。しかし、過去3年でみると、また景色が変わってきます。

青色:ジェイネクスト
赤色:日経平均
緑色:ジェイリバイブ
黄色:ひふみ投信

ジェイネクストとジェイリバイブとひふみ投信の比較

殆ど、3つとも日経平均と同じ動きとなっており、ひふみ投信やジェイリバイブは日経平均にすら劣ったリターンとなっています。

ジェイリバイブは他の二つよりは幾分よいですが、動きとしては同じ傾向となっています。暴落時に資産を守れるかという観点にたつと疑問符がつきますね。

まとめ

ジェイネクストは成長力の高いグロース企業に投資をするアクティブ投信です。

長期的にみると高いリターンをだしていましたが、直近はジェイリバイブや「ひふみ投信」と同じく日経平均と同様のリターンになっています。

また、値動きの幅が広く暴落時に資産を守れないという点が難点としてあげられます。安全に長期的に資産を形成したいという方は他の選択肢を考えた方がよいでしょう。

長期で力強く資産を育てる安定複利運用。筆者が考える勝率の高いおすすめ投資先、投資哲学・投資戦略が明確なファンド。

 

>>おすすめファンドランキング

 

資産運用で資産を増やす方法は様々あります。効率を求めるのであれば、株式投資が最良の選択肢であることは疑いようのない事実です。過去の歴史を見ると。それは火を見るより明らかです。「市場が伸びるところ」が最も効率よいです。苦労なく成果を挙げられます。

 

 

苦労なく、と申し上げました。しかし「個別株」については別です。

自分で株式投資で高いリターンを狙うのは、はっきりいって危険極まりありません。株式市場とはそんなに甘い世界ではないです。株式市場で勝つには、血の滲むような努力が必要です。とある米国の有名トレーダーは言いました。

医者になるには膨大な勉強が必要だ。高度な知識と技術が求められるから。株式投資も同様だ。しかし、株式投資は皆すぐにハイリターンを叩き出せると思ってしまう。そして破産する。株式投資で勝つにも医者になるのと同じくらいの勉強が必要だ」(グーグルで調べたらすぐに出てくる言葉です)。

 

筆者も同感で、株式投資も医者になるくらい勉強をしなければ勝てないと思料します。であれば、我々は早々にリスクの高い個別投資という選択肢は捨てるべきです。そして、銘柄分散された「ファンド」(投資信託ETFヘッジファンド)を選ぶべきなのです。

 

多くの人は短期間で大きなリターンを狙います。しかしこの考え方では資産は大きく築けません。投機思考は早く卒業することが大切です。月利なんて言葉はこの世から消えれば良いのに、くらいに思っています。高配当株も大嫌いです。元本が溶けるので。

 

長期間・マイナスを出さず、着実なプラスリターン」を重ねる資産運用。これが、資産を増やす上で最もパワフル、そして強烈です。(計算してみてください。10年間、毎年5%の利回りを出し続けるのと、高いリターンは出す年はあるもマイナスリターンもある、という10年間を。「10年間、毎年5%の利回り」の複利効果に度肝を抜かれるのではないでしょうか?)

 

長年、筆者も資産運用を実施してきました。結局は絶対にマイナスになる年を作らない、小さい利回りでも良いのでしっかりプラスを出す、それを長年続ける。これがBest of Bestであり、正しい資産運用です。資産が強烈に伸びていきます。

上記の条件を主眼に置きながら、筆者のポートフォリオを構成するファンドを中心にランキング記事を作成してみましたので参考にしてみてください。

 

 

>>>筆者のおすすめ運用先ランキング