投資信託

2020年の高いリターンが評判の情報エレクトロニクスファンドを今後の見通しを含めて徹底評価!ファンド・オブ・ザ・イヤー2020を分析。

2020年の高いリターンが評判の情報エレクトロニクスファンドを今後の見通しを含めて徹底評価!ファンド・オブ・ザ・イヤー2020を分析。

2020年に発生したコロナショック以降、ハイテク企業が世界的に大きく上昇していきました。そのため、日本でも日本のハイテク企業に投資をおこなっていた情報エレクトロニクスファンドが大きく基準価格を上昇させて評判となっています。

情報エレクトロニクスファンドの基準価格の推移

本日は情報エレクトロニクスファンドが、

✔︎ どのような特徴を持ったファンドなのか?
✔︎ リスクとリターンは参考指数やハイテクファンドに比べて優っているのか?
✔︎ 今後の見通しはどうなっているのか?

という点についてお伝えしていきたいと思います。

情報エレクトロニクスファンドの特徴

ではまず特徴についてみていきたいと思います。

日本のハイテク企業群に投資

情報エレクトロニクスファンンドは名前の通り日本のハイテク企業に対して投資を行なっています。

わが国の⾦融商品取引所上場株式(これに準ずるものを含みます。)のうち、電気機器、精密 機器などエレクトロニクスに関連する企業群や情報ソフトサービス、通信など情報通信に関連 する企業群の株式を主要投資対象とします。

参照:交付目論見書

 

米国でイメージして頂けるとわかりやすいですが日本版のGAFAMのような企業に投資をしているということですね。

構成上位10銘柄とは?

では実際にどのような銘柄に投資をしているのかみていきたいと思います。以下が情報エレクトロニクスファンドの2021年7月末時点の構成上位10銘柄です。

上位10銘柄で57%に投資しているのでかなり多くの比率を割いていることになります。

順位 銘柄 業種 比率
1 ソニー 電気機器 9.0%
2 任天堂 その他製品 7.5%
3 アドバンテスト 電気機器 7.3%
4 新光電気工業 電気機器 6.8%
5 ジーエス・ユアサ 電気機器 5.9%
6 太陽誘電 電気機器 5.6%
7 日立製作所 電気機器 4.3%
8 東京エレクトロン 電気機器 4.1%
9 村田製作所 電気機器 3.4%
10 島津製作所 精密機器 3.3%
上位10銘柄合計 57.2%

 

トップはソニーですね。まさに王道といえる選定でしょう。

ソニーはリーマンショック後に落ち込みましたが、その後順調に業績を回復させ今では最高益を達成するに至っています。

ソニーの業績推移
決算 売上 営業利 当期利
2007/03 8,295,695 71,750 126,328
2008/03 8,871,414 374,482 369,435
2009/03 7,729,993 -227,783 -98,938
2010/03 7,213,998 31,772 -40,802
2011/03 7,181,273 199,821 -259,585
2012/03 6,493,212 -67,275 -456,660
2013/03 6,800,851 230,100 43,034
2014/03 7,767,266 26,495 -128,369
2015/03 8,215,880 68,548 -125,980
2016/03 8,105,712 294,197 147,791
2017/03 7,603,250 288,702 73,289
2018/03 8,543,982 734,860 490,794
2019/03 8,665,687 894,235 916,271
2020/03 8,259,885 845,459 582,191
2021/03 8,999,360 971,865 1,171,776

 

まさに日本のテクノロジーの中核を担う企業として外せない企業でしょう。セグメント別にみるとゲーム事業の売上と利益が大きくなっていますがバランスのよい事業構成になっています。

ソニーの事業構成

2位の任天堂も同じくゲームの企業となっていることからも、日本がいかにゲーム領域で世界をリードしているのかという点が読み取れますね。

分配金を多く出す傾向にある

投資信託も株式と同様に分配金を拠出する銘柄が数多く存在しています。

情報エレクトロニクスは多くの配当金をだしています。年に1回ですが4%程度の分配金をだしています。

分配金をだした瞬間に20%の税金が差し引かれるので、全ての金額を受け取れるわけではありません。そのため、貴重な複利効果を毀損する結果となってしまうのです。

コラム:モーニングスターのファンド・オブ・ザ・イヤー2020を受賞

情報エレクトロニクスファンドはモーニングスターの国内株式部門のファンド・オブ・ザ・イヤーに選出されています。

モーニングスターのファンド・オブ・ザ・イヤーに選出される情報エレクトロニクス

アクティブファンドとしては一般的な手数料水準

アクティブファンドは調査費用がかかるのでインデックスに投資するインデックスファンドに比べて高い手数料形態となっています。

 

あわせて読みたい
パッシブ運用型(=インデックス型)とアクティブ運用型投資信託はどちらがおすすめ?成績や手数料を含めてわかりやすく比較する!
パッシブ運用型(=インデックス型)とアクティブ運用型投資信託はどちらがおすすめ?成績や手数料を含めてわかりやすく比較する!投資信託は大きくわけてインデックス型とアクティブ型(=パッシブ型)の二種類があります。 インデックス型の投信はS&P500...

 

情報エレクトロニクスの手数料水準は以下の通りアクティブファンドの中では一般的な水準となっています。

購入手数料:2.2%(税込)
信託手数料:年率1.65%(税込)

情報エレクトロニクスファンドの運用リターンを分析

では肝心の情報エレクトロニクスファンドの運用実績をお伝えしていきたいと思います。以下の通り、情報エレクトロニクスファンドは30年の運用実績を誇ります。

アベノミクスまでは基準価格は減少していましたが、アベノミクスを契機として上昇しコロナショックを機にハイテク企業が世界的に上昇したことを受けて株価が急騰しています。

情報エレクトロニクスファンドの基準価格の推移

分配金をださない前提の成績が濃い青色になりますが、実際には分配金を出す時に税金が20%とられます。そのため、投資家が得られるリターンは濃い青色と薄い青色の間となります。

分配金を出すことによってリターンが毀損してしまっているのです。データでみると以下となります。過去10年でみると一番良い部分だけを切り取ることになるので以下の通り素晴らしい成績になります。

1年 3年
(年率)
5年
(年率)
10年
(年率)
トータル
リターン
55.61% 23.92% 23.28% 20.55%
標準偏差 15.73 21.29 17.77 19.82

 

10年間のリスクとリターンをもとにした今後1年間のリターンは確率毎に以下となると想定されます。

平均リターン:20.55%
リスク(=標準偏差):19.82%

【68.3%の確率】

平均値±標準偏差の範囲に収まる

0.73%(=20.55%-19.82%)

40.37%(=20.55+19.82%)


【95.4%の確率】

平均値±(標準偏差×2)の範囲に収まる

 △19.09%(=20.55%-19.82%×2)

60.19%(=20.55+19.82%×2)

 

【99.7%の確率】

平均値±(標準偏差×3)の範囲に収まる

△38.91%(=20.55%-19.82%×2)

80.01%(=20.55+19.82%×2)

 

ボラティリティは大きいので大きく下落する可能性も十分あることは気をつけないといけません。

情報エレクトロニクスファンドの今後の見通し

では今後に見通しを考えていきたいと思います。

テクノロジー銘柄というのは前回のITバブルの時もそうでしたが、勢いよく上昇する時はありますが結局調整をする宿命にあります。

情報エレクトロニクスファンドの今後の見通し

今現在ハイテク株はコロナショック後のブームに乗って急騰していますが、米国でもハイテクの調整が起こり始めています。

昨年調子がよかったからといって今後もこの調子で堅調に推移するとは限らないのです。また1つのセクターに集中投資をしているのでボラティリティが大きくなっているというデメリットもあります。

安定して資産を構築していきたいという方は別の選択肢を検討した方がよいでしょう。

 

あわせて読みたい
【最新版】安定的なリターンを出すおすすめファンドランキング!長期的な資産を精神的余裕を持って形成しよう!
【最新版】安定的なリターンを出すおすすめファンドランキング!長期的な資産を精神的余裕を持って形成しよう!長期的な観点で安全な老後資産を築きたいというニーズや、単純に将来のためにお金を増やしたいという思いは多くの方が持たれていると思います。 ...

 

まとめ

今回のポイントについて纏めると以下となります。

✔︎ 国内の電気機器、情報通信銘柄に投資
✔︎ 30年以上運用しているがアベノミクスまでは軟調な成績
✔︎ 分配金を4%程度だしており複利効果を毀損している
✔︎ 昨年ハイテク企業が上昇しすぎているため今後は厳しい可能性がある

長期で力強く資産を育てる安定複利運用。筆者が考える勝率の高いおすすめ投資先、投資哲学・投資戦略が明確なファンド。

 

>>おすすめファンドランキング

 

資産運用で資産を増やす方法は様々あります。効率を求めるのであれば、株式投資が最良の選択肢であることは疑いようのない事実です。過去の歴史を見ると。それは火を見るより明らかです。「市場が伸びるところ」が最も効率よいです。苦労なく成果を挙げられます。

 

 

苦労なく、と申し上げました。しかし「個別株」については別です。

自分で株式投資で高いリターンを狙うのは、はっきりいって危険極まりありません。株式市場とはそんなに甘い世界ではないです。株式市場で勝つには、血の滲むような努力が必要です。とある米国の有名トレーダーは言いました。

医者になるには膨大な勉強が必要だ。高度な知識と技術が求められるから。株式投資も同様だ。しかし、株式投資は皆すぐにハイリターンを叩き出せると思ってしまう。そして破産する。株式投資で勝つにも医者になるのと同じくらいの勉強が必要だ」(グーグルで調べたらすぐに出てくる言葉です)。

 

筆者も同感で、株式投資も医者になるくらい勉強をしなければ勝てないと思料します。であれば、我々は早々にリスクの高い個別投資という選択肢は捨てるべきです。そして、銘柄分散された「ファンド」(投資信託ETFヘッジファンド)を選ぶべきなのです。

 

多くの人は短期間で大きなリターンを狙います。しかしこの考え方では資産は大きく築けません。投機思考は早く卒業することが大切です。月利なんて言葉はこの世から消えれば良いのに、くらいに思っています。高配当株も大嫌いです。元本が溶けるので。

 

長期間・マイナスを出さず、着実なプラスリターン」を重ねる資産運用。これが、資産を増やす上で最もパワフル、そして強烈です。(計算してみてください。10年間、毎年5%の利回りを出し続けるのと、高いリターンは出す年はあるもマイナスリターンもある、という10年間を。「10年間、毎年5%の利回り」の複利効果に度肝を抜かれるのではないでしょうか?)

 

長年、筆者も資産運用を実施してきました。結局は絶対にマイナスになる年を作らない、小さい利回りでも良いのでしっかりプラスを出す、それを長年続ける。これがBest of Bestであり、正しい資産運用です。資産が強烈に伸びていきます。

上記の条件を主眼に置きながら、筆者のポートフォリオを構成するファンドを中心にランキング記事を作成してみましたので参考にしてみてください。

 

 

>>>筆者のおすすめ運用先ランキング