日本の投資信託(含むETF)分析

三井住友DSアセットマネジメントが運用する大和住銀日本小型株ファンドのリターンは評判通り?様々な角度から評価。年率リターンは優秀であるもあまりにもボラティリティが高く優先順位は下がる。

国内小型バリューファンドである「大和住銀日本小型株ファンド」の実際の成績を見ていきたいと思います。

純資産は63億円程度の小規模ファンドです。

大和住銀日本小型株ファンドの基準価額

 

大和住銀日本小型株ファンドの特徴とは?

大和住銀日本小型株ファンドの特徴を見ていきたいと思います。

 

三井住友DSアセットマネジメントが運用

三井住友DSアセットマネジメントが運用を行います。

三井住友DSアセットマネジメントは、グローバルAIファンド、テトラ・エクイティなどの金融商品を展開しています。このブログでも過去に分析したマイ・ウェイ・ジャパンもあります。

設立は1985年7月15日。運用する投資信託財産の合計純資産総額9兆9,701億円(2021年4月30日現在)と、老舗の大手です。

但し大手だからといってリターンが良いことには繋がりません。会社のネームバリューで普通(またはそれ以下)の商品を売っていることがほとんどなのが、金融業界の不思議です。

<三井住友DSアセットマネジメントのその他展開商品>

  • グローバルAIファンド
  • 日興FW・日本債券ファンド
  • SMBCファンドラップ・日本債
  • テトラ・エクイティ
  • 三井住友・DC外国株式インデックスファンドS 他

 

今流行りのファンドラップも展開していますね。

 

投資対象は国内株式(小型バリュー)

JASDAQ・東証二部・マザーズ等に上場または登録されている日本株で運用です。

ファンダメンタル価値に対して株価水準が割安と判断する銘柄」および「将来収益への成長期待が高く、成長の持続力があると判断する銘柄」を選定するとしています。

 

業績の成長に対して需給が高まったところで素直に買いにいく成長株投資とは違い、バリュー株投資は「誰もその価値に気づいていない」という点を狙っていく投資であり非常に難易度が高いです。

国内でもバリュー株投資でしっかりと実績を出しているファンドは数少ないと思います。

 

まだ、大和住銀日本小型株ファンドの実績は見ていませんが、とても楽しみですね。ポートフォリオなんかも興味が湧きます。

ポートフォリオは、70%程度をリスク資産とするとのことを明言しています。

 

株式の組入れについては、通常の状態で原則として信託財産の純資産総額 の70%程度以上となることを基本とします。

 

大和住銀日本小型株ファンドの構成上位銘柄

まずは構成業種です。日本株ファンドに関しては電気機器、情報・通信業が上位に来るのは定番ですが、さすがはバリュー株ファンド、サービス業、卸売業が上位に来ています。

 

業種 投資比率
1 サービス業 18.3%
2 卸売業 9.8%
3 その他製品 9.4%
4 金属製品 8.1%
5 建設業 7.8%
6 化学 7.4%
7 不動産業 5.7%
8 小売業 5.0%
9 電気機器 4.8%
10 ゴム製品 4.7%

 

具体的な銘柄は以下の通りです。

 

投資銘柄 業種 投資比率
1 ニチリン ゴム製品 4.4%
2 ナラサキ産業 卸売業 3.6%
3 第一カッター興業 建設業 3.6%
4 ニッピ その他製品 3.3%
5 イハラサイエンス 金属製品 3.0%
6 エイジス サービス業 3.0%
7 ノダ その他製品 2.8%
8 エスケーエレクトロニクス 電気機器 2.6%
9 クリヤマホールディングス 卸売業 2.4%
10 三協フロンテア サービス業 2.1%

 

ゴム製品のニチリン、卸売業のナラサキ産業、建設業の第一カッター興業。玄人好みっぽい印象(個人的な印象)の銘柄が並びます。

第一カッター興業は近年価値が見直されて、上昇傾向にあるように感じます。

しかし、上位2銘柄は久しく横ばいですね。バリュー株の弱点である「いつ上昇するのかわからない」点がネックになっているように思えます。

 

手数料体系

購入手数料は、購入価額に3.3%(税抜き3.0%)を上限として、販売会社毎に定める手数料率を乗じた額。

信託報酬はファンドの純資産総額に年1.672%(税抜き1.52%)の率を乗じた額です。

一般的なアクティブ投信の手数料形態です。

 

大和住銀日本小型株ファンドのリスクとリターンを分析

肝心の大和住銀日本小型株ファンドのリターンについて紐解いていきたいと思います。

 

1年 3年
(年率)
5年
(年率)
10年
(年率)
トータルリターン 31.87% -0.47% 12.11% 18.36%
標準偏差 10.87 20.07 17.23 17.35

 

10年率は高い水準のトータルリターンとなっています。小型株を扱っていることから、標準偏差は高めです。

年率に関しては、異様に成績が高かった年のリターンが混ざり、少し下駄を履いている可能性があります。各年の通年リターンも正確に見ていきましょう。

 

1-3月期 4-6月期 7-9月期 10-12月期 1-12月期
2021年 10.36% -0.54% -- -- --
2020年 -28.10% 18.05% 3.59% 7.90% -5.12%
2019年 6.78% -2.94% 1.47% 14.59% 20.50%
2018年 0.14% -2.62% -3.86% -19.05% -24.11%
2017年 10.53% 5.19% 14.19% 10.62% 46.86%

 

2018年と2020年にマイナスを出してしまっています。2017年と2019年とのボラティリティが激しすぎますね・・・。

筆者個人としては通年でマイナスを出すファンドで運用することはしません。複利運用のインパクトを最も重要視しているからです。

大和住銀日本小型株ファンドはここ5年で二回もマイナスを出してしまっていますね。

マイナスを出さないことの重要性についてはあの世界が誇る投資家であるウォーレンバフェットも、投資で最も重要なルールとして「損失を出さない」を挙げています。

 

Rule No. 1: Never lose money. Rule No. 2: Never forget rule No. 1.

ウォーレン・バフェット

 

大和住銀日本小型株ファンドの今後の見通し

バリュー株ファンドに関しては今後の見通しなどを考えるのは非常に難しいです。

何よりも、これまでどのような実績を出してきたかが大切です。

年率リターンではたしかに大和住銀日本小型株ファンドは優秀なのですが、マイナスの年とプラスの年とのボラティリティがあまりにも高いです。

また、2020年のコロナショックをやはり吸収しきれず、マイナスに終わっており、下落体制に弱いことが証明されているため、安定運用、複利のインパクトをしっかりと享受して資産を増やしていく上では、わざわざ選ぶファンドではないと思いました。

締め括り

 

堅実複利運用

おすすめ投資先ランキング

長期で資産を着実に育てる

 

資産運用で資産を増やす方法は様々あります。効率を求めるのであれば、株式投資が最良の選択肢であることは疑いようのない事実です。

過去の歴史を見ると、それは火を見るより明らかです。「市場が伸びるところ」が最も効率よいです。苦労なく成果を挙げられます。

 

各資産の超長期リターン

 

しかし、株式投資も医者になるくらい勉強をしなければ勝てません。であれば、我々は早々にリスクの高い個別株投資という選択肢は捨てるべきです。

そして、投資のプロが運用する「ファンド」(投資信託、ETF、ヘッジファンド)を選ぶべきなのです。

ここでファンド選びが最も大切です。長年、筆者も資産運用を実施してきました。

 

結局は絶対にマイナスになる年を作らない、小さい利回りでも良いのでしっかりプラスを出す、それを長年続けるファンド。このようなファンドを活用することがベストプラクティスであり、正しい資産運用です。資産が強烈に伸びていきます。

 

上記の条件を主眼に置きながら、筆者のポートフォリオを構成するファンドを中心にランキング記事を作成してみましたので参考にしてみてください。

 

堅実複利運用

おすすめ投資先ランキング

長期で資産を着実に育てる

 

-日本の投資信託(含むETF)分析