投資信託

コモンズ投信のコモンズ30ファンドを徹底評価!評判のひふみプラスとの比較を通して検証する!

コモンズ30ファンドのリターン

数ある独立系投資信託の中の一つにコモンズ投信があります。コモンズ投信は「コモンズ30ファンド」と「ザ・2020ビジョンファンド」の二つを運営しています。

 

本日はその中でも旗艦ファンドであるコモンズ30ファンドについてお伝えしていきたいと思います。

今回はわかりやすく「ひふみ投信」を証券会社経由で購入することができる「ひふみプラス」と比較しながら「コモンズ30ファンド」を検証していきます。

 

「コモンズ30ファンド」の特徴とは?

まずは「コモンズ30ファンド」の特徴についてお伝えしていきたいと思います。

「30年」「30社」への投資をモットーにしている

まずコモンズ30ファンドの30という数字に興味を持たれた方は多いのではないでしょうか?

この30という数値はコモンズ30ファンドの二つの特徴を説明しています。

 

  • 投資の目線は30年
  • 原則として投資対象は30銘柄程度

 

長期投資を志しているということですね。一つの銘柄に30年間投資するという意味ではなく、30年という超長期目線で運用をしていくということですね。

また、原則投資対象は30銘柄となります。投資信託の中では非常に少ない銘柄に厳選しています。日経平均が225銘柄であることを考えると、厳選度合いがわかりますね。

 

ファンドマネージャーは伊井哲郎氏

アクティブファンドにとって誰がファンドマネージャーかということは非常に重要になってきます。もはや最も重要な部分であるといっても過言ではありません。

コモンズ30ファンドの最高運用責任者は「伊井哲郎氏」となっています。

 

伊井哲郎

簡単な経歴は以下の通りとなっています。

山一證券で営業企画部に約10年間在籍し、マーケティングなど担当。その後、機関投資家向け債券営業。メリルリンチ日本証券、三菱UFJメリルリンチPB証券で法人・個人向け営業を約10年。コモンズ投信創業と共に現職。2012年7月からCIO兼務。

参照:コモンズ投信「メンバー紹介」

 

経歴をみると分かると思いますが、運用者としての経験は乏しく営業としてキャリアを歩んできたことが分かります。運用者としての実力は定かではありません。

コモンズ30ファンドの組入銘柄

コモンズ30ファンドの厳選30銘柄の中の上位10銘柄は以下となります。上位10銘柄の合計は36.9%となっています。比較的均等に組み入れていることが読み取れますね。

 

銘柄 組入比率 PER ROE
ヤマトHD 4.1% 24.3 3.98%
東京エレクトロン 3.8% 27.4 21.79%
ユニチャーム 3.7% 43.5 10.09%
SMC 3.7% 48.8 8.87%
ディスコ 3.7% 36.1 12.45%
信越化学工業 3.7% 26.6 12.27%
クボタ 3.6% 23.6 10.71%
ホンダ 3.6% 13.1 5.60%
KADOKAWA 3.5% 25.3 7.84%
リンナイ 3.5% 26.7 7.01%

参照:運用レポート

 

PERは比較的高めの銘柄が多くどちらかというとグロース株という性格が強いですね。

 

 

手数料は比較的低い

コモンズ投信は販売手数料はないノーロード型の投資信託です。

毎年発生する信託手数料は年率1.078%(税込)とアクティブ型の投資信託の中では低い水準になっています。

 

「ひふみプラス」の特徴との比較

「ひふみプラス」の特徴との違いをみていきましょう。「ひふみプラス」は証券会社で購入できる「ひふむ投信」です。成績は本家の「ひふみ投信」と全く変わりません。

「ひふみプラス」は成長株投資で長期投資を標榜しており手数料が低い点は共通しています。しかし、大きく違うのは構成銘柄数です。

 

コモンズ30ファンドは構成銘柄は30銘柄ですが「ひふみプラス」は260銘柄と多くの銘柄に投資しています。

では肝心な成績はどうなっているのでしょうか?次の項目で比較していきたいと思います。

コモンズ30ファンドのリターンを「ひふみプラス」と比較しながら検証

ではコモンズ30ファンドのリターンについてみていきましょう。

コモンズ30ファンドのリターン

以下はコモンズ30ファンドの設定された2009年1月以降のリターンです。ちょうどリーマンショック後の上昇相場から運用開始となっています。

コモンズ30ファンドのリターン
期間 騰落率
1年 18.71%
3年 14.10%
5年 62.18%
10年 177.87%
設定来 271.22%

 

また、コモンズ30ファンドは分配金を拠出しています。2017年から2021年に合計で1910円分、全体の約6%程度を拠出していることになります。

そのため、分配金再投資前提でチャート(黄緑色)の方が高くなっています。しかし、こんお分配金込基準価格には注意すべき点があります。

 

分配金込基準価格は税金を控除されない前提で算出

先ほどのチャートは分配金(税引前)を分配時にファンドへ再投資した前提で考えたチャートとなります。つまり、配当金を出さずに運用した場合の成績と考えていただく必要があります。

一度配当金を拠出すると20.315%の税金が発生します。つまり、再投資する場合には拠出された分配金の79.685%しか再投資できないのです。

 

つまり、仮に分配金拠出後に再投資するとすると、下記の緑色と黄緑色の真ん中の成績になるということになりますね。

 

コモンズ30ファンドのリターン

過去10年の「ひふみプラス」や「日経平均株価」と比較

では「コモンズ30ファンド」と「ひふみプラス」と「日経平均」のリターンの比較は以下です。

青:コモンズ30ファンド
緑:ひふみプラス
赤:日経平均株価

過去10年の「ひふみプラス」や「日経平均株価」と比較

コモンズ30ファンドと日経平均は殆ど同じ成績になっています。

どちらも分配金を拠出した後のチャートとなっていますが日経平均は毎年2%程度は配当金をだしているので最終成績はさらに日経平均の方が高くなります。

 

「ひふみプラス」が圧倒的なリターンをだしていますが、直近の成績でみると別の結果が出てきます。

 

過去3年の「ひふみプラス」や「日経平均株価」と比較

過去3年の「ひふみプラス」や「日経平均株価」との比較は以下となります。

青:コモンズ30ファンド
緑:ひふみプラス
赤:日経平均株価

過去3年の「ひふみプラス」や「日経平均株価」と比較

3年間でみると日経平均が最も高い成績となっています。ただ、三つとも殆ど同様の値動きになっていますね。

ひふみプラスは以前は藤野英人氏は超小型株投資で大きなリターンを上げていました。

 

しかし、人気がでたことによって大型株投資中心のポートフォリオとなりリターンは日経平均と同等の成績になっているのです。

以下で詳しくまとめていますので参考にしていただければと思います。

幾度の暴落を経験した「ひふみ投信」の時代は終わった!?評判のアクティブ投信の近年の不調の原因と見通しを徹底評価!」

 

その他の独立系投資信託についても纏めていますので参考にしていただければと思います。

まとめ

今回のポイントを纏めると以下となります。

  • コモンズ30ファンドは長期投資目線で30銘柄に厳選投資
  • 投資銘柄はグロース投資的な側面が強い
  • ひふみプラスに比べて銘柄の数を絞っているのが大きな差異
  • 過去3年でみても10年でみても「ひふみプラス」に劣っている
  • 過去3年でみても10年でみても日経平均に劣っている

指数に対してプラスのリターンを狙うアクティブ型の投資信託としては物足りない成績ですね。

以下で安全に高いリターンで資産を構築するための投資先についてまとめているので参考にしていただければと思います!

長期で力強く資産を育てる安定複利運用。筆者が考える勝率の高いおすすめ投資先、投資哲学・投資戦略が明確なファンド。

 

>>おすすめファンドランキング

 

資産運用で資産を増やす方法は様々あります。効率を求めるのであれば、株式投資が最良の選択肢であることは疑いようのない事実です。過去の歴史を見ると。それは火を見るより明らかです。「市場が伸びるところ」が最も効率よいです。苦労なく成果を挙げられます。

 

 

苦労なく、と申し上げました。しかし「個別株」については別です。

自分で株式投資で高いリターンを狙うのは、はっきりいって危険極まりありません。株式市場とはそんなに甘い世界ではないです。株式市場で勝つには、血の滲むような努力が必要です。とある米国の有名トレーダーは言いました。

医者になるには膨大な勉強が必要だ。高度な知識と技術が求められるから。株式投資も同様だ。しかし、株式投資は皆すぐにハイリターンを叩き出せると思ってしまう。そして破産する。株式投資で勝つにも医者になるのと同じくらいの勉強が必要だ」(グーグルで調べたらすぐに出てくる言葉です)。

 

筆者も同感で、株式投資も医者になるくらい勉強をしなければ勝てないと思料します。であれば、我々は早々にリスクの高い個別投資という選択肢は捨てるべきです。そして、銘柄分散された「ファンド」(投資信託ETFヘッジファンド)を選ぶべきなのです。

 

多くの人は短期間で大きなリターンを狙います。しかしこの考え方では資産は大きく築けません。投機思考は早く卒業することが大切です。月利なんて言葉はこの世から消えれば良いのに、くらいに思っています。高配当株も大嫌いです。元本が溶けるので。

 

長期間・マイナスを出さず、着実なプラスリターン」を重ねる資産運用。これが、資産を増やす上で最もパワフル、そして強烈です。(計算してみてください。10年間、毎年5%の利回りを出し続けるのと、高いリターンは出す年はあるもマイナスリターンもある、という10年間を。「10年間、毎年5%の利回り」の複利効果に度肝を抜かれるのではないでしょうか?)

 

長年、筆者も資産運用を実施してきました。結局は絶対にマイナスになる年を作らない、小さい利回りでも良いのでしっかりプラスを出す、それを長年続ける。これがBest of Bestであり、正しい資産運用です。資産が強烈に伸びていきます。

上記の条件を主眼に置きながら、筆者のポートフォリオを構成するファンドを中心にランキング記事を作成してみましたので参考にしてみてください。

 

 

>>>筆者のおすすめ運用先ランキング