評判の投資信託「脱炭素ジャパン」を評価!掲示板での口コミや今後の見通しを含めて紐解く。

日本の投資信託(含むETF)分析

評判の投資信託「脱炭素ジャパン」を評価!掲示板での口コミや今後の見通しを含めて紐解く。

温暖化問題が取り上げられて久しいですが、2015年のパリ協定を契機として機運が高まっています。

特に最近では今まで消極的だった米国と中国も積極的に脱炭素に乗り出すことを表明して本格的に世界で一致団結して温暖化問題に立ち向かうという雰囲気が作られています。

 

当サイトでも以前、クリーンエネルギーや動力として注目されている水素関連銘柄に投資する投信を分析してきました。

→ 日興アセットマネジメントが運用するグローバル水素株式ファンド(愛称:H2) の評判は?グリーンテクノロジー銘柄の今後の見通しはどうか

 

本日はより広範に脱炭素に取り組む日本企業に投資する投信「脱炭素ジャパン」を取り上げたいと思います。

今回は以下のポイントを中心にお伝えしていきます。

 

  • 脱炭素のトレンドの経過
  • 脱炭素ジャパンの特徴
  • 運用実績と今後の見通し

 

脱炭素社会に向けた動向

まずは直近の脱炭素に向けたトレンドについてみていきたいと思います。別の言い方だとカーボンニュートラルともいったりしますね。

主要国の温室効果ガス排出量と削減目標

以下は主要国の温室効果ガス排出量と削減目標をグラフ化したものです。

現状では中国が最大の温室効果ガス排出国となっています。圧倒的ですね。中国と米国の二カ国で合計40%を占めています。

 

主要国の温室効果ガス排出量と削減目標

 

主要国や地域の削減目標は以下となっています。

30年中間目標 50年目標 60年目標
中国 ピークアウト - 実質ゼロ
米国 05年比 50〜52% 実質ゼロ -
EU 90年比 55%減 実質ゼロ -
日本 13年度比 46%減 実質ゼロ -

 

脱炭素社会への投資機会と拡大が想定される市場

脱炭素に向けては様々な事業での投資が必要となります。

テクノロジーで解決する必要があるので技術開発と普及に多額の投資が必要ということですね。

現状から脱炭素社会を2050年に実現するためには1.35京円が必要になると想定されています。

脱炭素社会へのシフトに必要な投資機会

 

特に期待される分野として水素エネルギーや電気自動車などがあげられています。

 

拡大が期待される脱炭素関連市場

 

日本は技術的に環境先進国

環境先進国といえば欧州のイメージがあるかと思います。

しかし、「エネルギー関連産業」「輸送・製造関連産業」「家庭・オフィス関連産業」で日本は非常に高いプレゼンスを発揮しています。

以下は各分野での特許競争力の順位ですが、殆どの分野で日本は上位にいます。

 

エネルギー関連産業 輸送・製造関連産業 家庭・オフィス関連産業
洋上風力 燃料
アンモニア
水素 自動車
蓄電池
半導体
情報通信
船舶 食料
農林水産
カーボン
リサイクル
住宅
建築物
次世代
太陽光
ライフスタイル
第1位 中国 米国 日本 日本 日本 韓国 日本 中国 中国 中国
第2位 日本 中国 中国 中国 米国 中国 米国 米国 日本 米国
第3位 米国 日本 米国 米国 中国 日本 韓国 日本 米国 日本
第4位 ドイツ ドイツ 韓国 韓国 韓国 米国 中国 韓国 韓国 フランス
第5位 韓国 英国 ドイツ ドイツ 台湾 ドイツ フランス フランス ドイツ ドイツ

 

日本企業も脱炭素化への取り組みには非常に積極的で、気候変動関連の情報開示等を行う枠組みであるTFCDの賛同企業は日本が世界1位となっています。

 

脱炭素ジャパンの特徴とは?

では脱炭素ジャパンの特徴について見ていきましょう。

投資対象は脱炭素社会の実現に貢献する企業

投資対象は脱炭素社会の実現に貢献する企業としています。

脱炭素関連ビジネス展開する企業 脱炭素のための取り組みを行う企業
✔︎脱炭素社会の実現をビジネス機会として捉えている企業
✔︎環境関連技術等へのニーズの高まりにより売り上げや利益の伸びが期待される企業
✔︎脱炭素社会の実現に向け、カーボンニュートラル宣言を行うなど自社の直接的な貢献を目指す企業
✔︎温室効果ガス排出量の削減等により、企業評価の向上が期待される企業

 

ポートフォリオの構築プロセスは以下となります。

主にESGスコアを付与している銘柄の中から脱炭素への貢献が期待される投資候補銘柄を選定しています。

 

脱炭素のポートフォリオの構築プロセス

ESGスコアに関しては以下となります。。

 

企業のESG(環境・社会・企業統治)への取り組み状況を示すスコアのこと。主に、投資家などが投資対象を評価する時に参考にする指標である。環境へのインパクトなどを評価する環境スコア、働き方や社会との調和などを評価する社会スコア、組織のガバナンス(企業統治)や法令順守などを評価するガバナンススコアで構成されるとの理解が一般的だが、明確に決められた定義は存在しない。

参照:日経ESG

 

構成上位銘柄

以下は2022年10月末時点での構成上位銘柄となります。

銘柄 比率 概要
東レ 4.2% 2030年の目標としてグリーンイノベーション事業の売り上げは2013年度比で4倍を目指している
日立製作所 3.9% 2050年カーボンニュートラル実現を見据え明確かつ具体的な目標を設定している
日本電信電話 3.7% 2040年カーボンニュートラルの実現にむけて継続的な省エネへの取り組み、再生可能エネルギーの活用につながるIOWN(Innovative Optical & Wireless Network)の導入をしていく方針
大和工業 3.6% 鉄鋼生産における電炉の比率の上昇が見込まれる
信越化学工業 3.5% 取り扱う製品の多くは温室効果ガスの削減にも寄与し、環境負荷の抑制と持続可能な社会の実現に貢献
本田技研工業 3.2% 新社長が脱炭素に積極的。2050年に製品だけでなく企業活動を含めたライフサイクルでの環境負荷ゼロを目指している。
豊田通商 3.1% 自動車関連事業や再生可能エネルギー事業などを行うトヨタ系商社
三菱ケミカル 3.0% 事業環境の変化に適応するため事業ポートフォリオの見直しに取り組んでいる
豊田自動織機 2.9% バリーチェーン全体におけるCO2排出量の極小化を目指している
日本電産 2.8% 車載、家電、商業など用途向けにモータを提供している世界最大級のメーカー

 

手数料

手数料は以下となります。

購入手数料:3.3%
信託手数料:年率1.584%

 

脱炭素ジャパンの運用実績

脱炭素の運用実績は以下となります。

脱炭素ジャパンの運用実績

 

過去1年間で▲8%という結果になっています。日経平均やTOPIXと比較すると以下となります。

日経平均やTOPIXよりも低い成績となっており、アクティブ投信としては不甲斐ない結果となっています。

 

青:脱炭素ジャパン
赤:日経平均
緑:TOPIX

脱炭素ジャパンと日経平均とTOPIX

 

 

掲示板での口コミや評判からは苛立ちが見える

掲示板での口コミや評判は以下となります。煮え切らない基準価額の推移への苛立ちが多くなっています。

 

口コミ①

伸びないので、切りました(損切です)

 

口コミ②

ここ伸びないねえ ジャパンは見切り時?

 

口コミ③

突き抜けないなあ 日本の各企業にとって脱炭素が至上命題になってるけど
下請け、孫請け中小などに無理強いはしないでね
脱炭素は理想だけど、それだけじゃない

 

今後の見通しは不透明感が強い

重要なのは今後の見通しです。まず株式市場全体の見通しとして2023年は景気後退によって厳しい環境になることが見込まれます。

世界中でインフレが発生し、人々の財布が限界を迎え企業収益の減退により既に米国企業ではリストララッシュが発生しています。

世界的な景気後退におちいると通常の株式市場は大きく下落するので基調として厳しい環境が想定されます。

 

では脱炭素関連銘柄はどうなのかというと正直不透明感があって難しいです。

テーマ型の投信は盛り上がる時は大きく株価は上昇しますが、一旦ブームが終わると暴落します。

いつくるか分からないテーマ型の投信は上昇し始めた時に数ヶ月から1年の期間で上昇局面だけを狙って投資するのが合理的です。

最悪10年単位で停滞することもありますからね。脱炭素ジャパンに投資するタイミングは今ではないでしょう。

締め括り

 

堅実複利運用

おすすめ投資先ランキング

長期で資産を着実に育てる

 

資産運用で資産を増やす方法は様々あります。効率を求めるのであれば、株式投資が最良の選択肢であることは疑いようのない事実です。

過去の歴史を見ると、それは火を見るより明らかです。「市場が伸びるところ」が最も効率よいです。苦労なく成果を挙げられます。

 

各資産の超長期リターン

 

しかし、株式投資も医者になるくらい勉強をしなければ勝てません。であれば、我々は早々にリスクの高い個別株投資という選択肢は捨てるべきです。

そして、投資のプロが運用する「ファンド」(投資信託、ETF、ヘッジファンド)を選ぶべきなのです。

ここでファンド選びが最も大切です。長年、筆者も資産運用を実施してきました。

 

結局は絶対にマイナスになる年を作らない、小さい利回りでも良いのでしっかりプラスを出す、それを長年続けるファンド。このようなファンドを活用することがベストプラクティスであり、正しい資産運用です。資産が強烈に伸びていきます。

 

上記の条件を主眼に置きながら、筆者のポートフォリオを構成するファンドを中心にランキング記事を作成してみましたので参考にしてみてください。

 

堅実複利運用

おすすめ投資先ランキング

長期で資産を着実に育てる

 

-日本の投資信託(含むETF)分析