やめとけ!儲からない!と評判のキャピタル世界株式ファンドは本当におすすめできる?過去の利回り・運用成績と今後の見通しは?掲示板やブログ等の口コミ含め網羅的に評価!

日本の投資信託(含むETF)分析

やめとけ!儲からない!と評判のキャピタル世界株式ファンドは本当におすすめできる?過去の利回り・運用成績と今後の見通しは?掲示板やブログ等の口コミ含め網羅的に評価!

2022年6月25日

投資信託への投資は、プロが運用してくれると思いつつ気軽に投資をしては失敗してしまいます。米国のインデックスファンドでさえ、見通しは誰にもわかりません。しかし、どういうわけか軽い気持ちで投資をしてしまう個人投資家が後を絶ちません。

シンプルでわかりやすいものに多くの人々は飛びつき失敗するのが世の常です。

 

株式投資を自分で実践するよりも、有名な大手金融機関が運用してくれる投資信託で運用を選ぶのはわかります。

しかし、投資信託にはそれぞれテーマがあり、そのテーマに沿った運用が行われます。そして、そのテーマは個人投資家が自分で選ばなければなりません。

 

つまりは、相当なマーケットの状況、景気見通し、トレンドを読む力がなければならないのです。

実は、非常に難易度の高い投資であることを認識しましょう。

そして、まさにトレンドが終わり基準価額の下落が止まらないとの声が止まない「キャピタル世界株式ファンド」について今回は分析してみようと思います。

 

総括記事)【2024年】一番儲かる投資信託とは?これから上がる今買いの投資信託銘柄をランキング順に紹介!

 

キャピタル世界株式ファンドはどんな投資信託?

ファンドの概要

商品概要

商品分類:

  • 単位型・ 追加型:追加型
  • 投資対象 地域:内外
  • 投資対象資産 (収益の源泉):株式

属性区分:

  • 投資対象資産:その他資産 (投資信託証券 (株式 一般))
  • 決算頻度:年1回
  • 投資対象地域:グローバル (含む日本)
  • 投資形態:ファンド・ オブ・ ファンズ
  • 為替ヘッジ:なし

 

今回はキャピタル世界株式ファンドのシグネチャーファンドを取り上げるので、為替ヘッジはなしです。

投資形態はファンズ・オブ・ファンズと、投資信託に投資を行うファンドであることがわかりますね。

 

ファンドの特色:新興国 を含む世界各国の株式に投資

特色というほどではないですが、世界中の株式を対象に中長期で運用を行います。どのような属性の株式に投資をしているのかはポートフォリオを確認しましょう。

以下は最新2023年12月末時点でのポートフォリオです。まずは業種ですが、引き続き情報技術セクターが最大の比率を占めています。

業種名 2023年12月末 2023年10月末 (2023年6月末) (2023年2月末) (2022年11月末) (2022年8月末)
1 情報技術 21.90% 20.00% 19.50% 19.30% 17.90% 19.40%
2 ヘルスケア 15.90% 16.20% 16.20% 17.40% 17.00% 14.80%
3 一般消費財・サービス 12.40% 12.00% 13.10% 12.40% 13.80% 17.00%
4 資本財・サービス 12.30% 11.10% 11.70% 11.20% 10.40% 9.20%
5 金融 10.00% 10.20% 10.40% 10.50% 10.50% 10.30%
6 コミュニケーション・サービス 7.20% 6.80% 6.50% 5.50% 5.70% 6.50%
7 生活必需品 5.40% 5.70% 6.00% 6.60% 6.90% 6.30%
8 素材 4.90% 4.70% 4.80% 5.80% 4.60% 5.10%
9 エネルギー 3.00% 4.10% 4.20% 4.80% 4.70% 3.50%
10 公益事業 0.60% 0.80% 1.00% 1.10% 1.20% 1.30%
11 不動産 0.30% 0.40% 0.40% 0.60% 0.60% 0.60%
現金・その他 5.90% 8.00% 6.30% 4.70% 6.70% 5.90%
合計 100.00% 100.00% 100.00% 100.00% 100.00% 100.00%

 

2023年12月末時点での上位の組み入れ銘柄は以下となっています。

組入上位10銘柄(組入銘柄数: 272)

組入上位10銘柄(組入銘柄数: 272)

 

少し前まではテスラがずっと構成上位でしたが、現在はマイクロソフトがトップになってきます。テスラは大幅に下落しましたからね。EV販売が米国でも不調です。2024年に入ってさらに下落しています。

テスラの株価推移

テスラの株価推移

 

マイクロソフトはChatGPT関連銘柄として注目されていますからね。以下は過去からの構成上位銘柄の推移です。

2023年10月と12月末では構成は大きく変わりませんでした。当然値動きの関係で順位は上下していますが。ちなみに組み入れ銘柄は272銘柄でした。もはやこれは株価指数ですね。インデックスファンドに高い手数料を払っているだけのような気がします。

2023年 2023年 2023年 2023年 2022年 2022年 20222年
12月末時点 10月末時点 6月末時点 2月末時点 11月末時点 8月末時点 5月末時点
1 マイクロソフト マイクロソフト マイクロソフト マイクロソフト テスラ テスラ テスラ
2 ノボルディスク ノボルディスク ノボルディスク ノボルディスク マイクロソフト マイクロソフト マイクロソフト
3 ブロードコム メタプラットフォーム テスラ TSMC TSMC アルファベット アルファベット
4 メタプラットフォーム ブロードコム TSMC テスラ ASMLホールディング TSMC TSMC
5 TSMC TSMC ASMLホールディング ASMLホールディング ノボルディスク メタプラットフォーム メタ・プラットフォームズ
6 ASMLホールディング イーライリリー メタプラットフォーム メタプラットフォーム イーライリリー ASMLホールディング ASMLホールディング
7 テスラ ASMLホールディング ブロードコム アストラゼネカ アストラゼネカ アマゾン・ドット・コム アマゾン・ドット・コム
8 イーライリリー テスラ アルファベット AIAグループ ネスレ アストラゼネカ アストラゼネカ
9 アルファベット アルファベット イーライリリー LVMHモエ アルファベット ネスレ ブロードコム
10 アストラゼネカ アストラゼネカ アストラゼネカ ネスレ AIAグループ ノボルディスク AIAグループ

 

2023年は指数が反発しましたが、この大型株の上昇がほとんどとなっており非常に脆い相場環境です。

S&P493は停滞、大型テック株のみに資金流入しインデックスが上昇

S&P493は停滞、大型テック株のみに資金流入しインデックスが上昇

 

株式市場の本格的な上昇とは、大型株も小型株も共に上昇していく腰の入った環境です。しかし、A/D Lineを見る限りでもナスダックは明らかに大型テック株のみで上昇し、小型株は沈んだままです。業績がついてきていないので当然なのですが。

大型テックのみが業績が良い状況

非常にリスクが高い状況と言えます。情報技術セクターに張っているキャピタル世界株式ファンドも、氷上の上に立っていると言えると思います。

ADLINE

 

キャピタル世界株式ファンドの手数料

アクティブファンドであり、世界中の株式を調査し投資をしているのでインデックスファンドに比べると当然高くなります。

キャピタル世界株式ファンドの購入手数料は購入時の基準価額に対して3.3%(税込)、信託報酬が年率1.701%(税込)となります。

 

【運用実績】キャピタル世界株式ファンドの基準価額チャート推移

では肝心の運用実績を見ていきましょう。キャピタル世界株式ファンドの本質的な銘柄選定の実力を見るために、為替ヘッジありで基準価額を見ていきます。

キャピタル世界株式ファンドの基準価額の推移

キャピタル世界株式ファンドの基準価額の推移

 

限定為替ヘッジの場合は上記の通りのパフォーマンスとなっています。2022年は円安に支えられていない分、普通のキャピタル世界株式ファンドに比べて損失(-25%)が大きくなっています。

ここ3年間は年率9%となっていますが、もう少し長いスパンで見たいものです。2022年の-25%の運用で残円ながら下落耐性がないことは確認できました。

 

1年 3年(年率) 5年(年率) 10年(年率)
トータルリターン 10.51% 9.04% -- --
標準偏差 13.62 16.91 -- --
シャープレシオ 0.77 0.54 -- --

 

キャピタル世界株式ファンドの4つのパターンの説明は以下となります。

 

限定為替ヘッジの有無

参考:限定為替ヘッジの有無

 

通常盤のキャピタル世界株式ファンドは円安に支えられていますが、今後ドル円は円高方向に調整する確度が高くなっています。

これまで米国株インデックスの日本人投資家は円安に資産が支えられていましたが、ついに凋落の時が近づいてきているのです。

今までは日米金利差の拡大によってドル円は上昇してきました。

ドル円と日米金利差

ドル円と日米金利差

 

しかし、これからは米国のリセッション懸念で米金利が低下することが懸念されているとともに、日本側の金利が上昇する可能性に高まっています。

為替に関しては米国の利上げが据え置きになる局面で、日本側からYCC見直しのサプライズ政策が発表され、今後はマイナス金利解除へ政策がシフトしていくと思われます。

実質利上げですので、さらに円高の機運は高まるかと思います。

日本銀行は早ければ3月にもマイナス金利を解除しその後年内に複数回の利上げを実施する可能性があると、パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)が予想した。日本国債を巡る弱気見通しを強める見方だ。

Blumberg

イールドカーブ・コントロール(YCC)の運用の見直し

 

 

為替の動向、そして、大型テック株しか上昇していない脆い相場環境であることから、安心してキャピタル世界株式ファンドに投資ができる環境ではないですね。

 

全世界の平均を示す全世界株式インデックスと比較!更に魅力的な選択肢とは?

キャピタル世界株式ファンドはアクティブファンドですので、インデックスファンドのリターンを超えている必要があります。そのため同じく全世界を対象としたインデックスに投資しているeMAXIS全世界株式インデックスと比べてみたいと思います。

そうでなければ、投資家がわざわざインデックスファンドよりも高い手数料でアクティブファンドを購入する理由がないからです。

 

運用開始以降のリターンは以下となります。殆どインデックスと同じですね。結果としては全世界株式インデックスと同等となっておりアクティブファンドと言えるのかどうかという感じです。手数料分でインデックスに負けます。

青:キャピタル世界株式ファンド
赤:eMAXIS全世界株式インデックス

キャピタル世界株式ファンドとemaxisslim全世界株式の比較

キャピタル世界株式ファンドとemaxisslim全世界株式の比較

 

直近3年の比較でみるとキャピタル世界株式ファンドは圧倒的にeMAXIS全世界株式インデックスに大きく劣後しています。

キャピタル世界株式ファンドとeMAXIS全世界株式インデックスの過去1年の比較

キャピタル世界株式ファンドとeMAXIS全世界株式インデックスの過去1年の比較

 

相当な調査をしているにも関わらず調査なしのファンドに負けるのは少し情けない結果となっています。

また、どうしても世界の景気動向により利回りが簡単にマイナスになってしまうので、複利を活かした飛躍的なリターンが獲得できるかどうかは神のみぞ知るというところですね。

アクティブファンドは利回りを作っていくプロ、インデックスファンドは神頼みとしての側面が強いです。

 

利回りを作れないプロにわざわざ自分の大事な資金を預ける理由はありません。神頼みは怖いです。

利回りを作っていけるプロに厳選したファンドを筆者の長年の経験をもとに作成した記事もありますので参考にしてみてください。

例えば筆者はヘッジファンドという選択肢に投資を行い安定した資産を構築しています。

ヘッジファンドは全世界株式を大幅にアウトパフォームした成績をリスクを抑えながら安定的に出し続けています。

ヘッジファンドは市場環境に関係なく安定したリターンを叩き出しインデックスをアウトパフォーム

 

以下では筆者が投資しているファンドを中心に魅力的なヘッジファンドについて詳しくまとめていますのでご覧いただければと思います。

【2023〜2024年】日本国内優良ヘッジファンド(&投資信託)のおすすめ運用先をランキングで紹介!
【2024年3月更新】日本国内優良ヘッジファンド(&投資信託)のおすすめ運用先をランキングで紹介!

続きを見る

 

今後の見通しは?

今後の見通しは殆ど全世界的な株式がどうなるかという見通しを行うことと同じだということが先ほどの運用実績からご理解いただけるかと思います。

現在の全世界の株式市場の動向を整理すると以下となります。

 

チェックリスト

  • コロナ禍でのばら撒きの影響で強烈なインフレが発生
  • 日本を除き世界中で金融引き締めを断行している
  • 更に米国では財政引き締めも実行している
  • 景気後退懸念が台頭してきている
  • 企業収益は今後しぼむことが想定されている
  • 円高が進みパフォーマンスはさらに悪化する見込み
  • IT・テックという成長ドライバーを失い、長年停滞する可能性も高い

 

このような状況は1970年代後半と似ています。ここから株価が上昇していくことは想定しにくい状況となっています。

筆者としてはいかなる局面でもリターンを目指すことができるヘッジファンドという選択肢を選び投資をしています。

 

ヘッジファンドは上昇局面をしっかりととりながらも、下落時でもリターンをとったり損失を抑制したりして堅実にリターンを積み上げています。

インデックスに対して優れたヘッジファンドのリターン

 

【2023〜2024年】日本国内優良ヘッジファンド(&投資信託)のおすすめ運用先をランキングで紹介!
【2024年3月更新】日本国内優良ヘッジファンド(&投資信託)のおすすめ運用先をランキングで紹介!

続きを見る

 

掲示板での口コミや評判

成績が芳しくないこともあり批判的な意見が大きくなっています。

まずはYahoo financeからです。

 

Yahoo掲示板①

お付き合いで少し買っているがここだけマイナスなんだよね

3年で見て欲しいとのことでもう少し続けてみようと思いますが手数料も高いし逆転は難しいと思うがはてさて

 

Yahoo掲示板②

あまり成績良くない。今後の動向で解約も視野に入れます

 

5ch掲示板③

キャピタル世界積二ーで買い始めたけど現状オルカンと比べてぐぬぬって感じ
まあ長期実績で見たらオルカンより全然いいから積み立てるのみだが

 

これに関してはキャピタル世界株式ファンドが販売資料で提示している、1972年から運用を実施した場合の仮想リターンを信じてしまっているのでしょうか?

あくまで仮想であり、「たら」「れば」を一番よく解釈した場合の、ありえないリターンです。以下の図を鵜呑みにしないほうが賢明でしょう。絵に描いた餅です。

仮想的なキャピタル世界株式ファンドのリターン

実態としては殆どインデックスと同じで、手数料だけ払う結果となっていることを忘れてはいけません。

 

まとめ

キャピタル世界株式ファンドは評判が良いように聞いていました。

しかし、インデックスファンドに負けておりわざわざアクティブファンドの手数料を払ってまで投資をする先なのかとそこは疑問が生じました。

 

筆者は景気動向に関係なく常にマイナスを出さない、プラスリターンで複利効果が実感できる投資先を追い求めています。

資産の飛躍は、複利以外にありえないからです。

 

キャピタル世界株式ファンドの直近のリターンも、完全に米国の歴史上類を見ない規模の金融緩和により獲得したリターンです。

これから難易度がどんどん上がっていく相場で、インデックスファンドに負けるファンドが優秀な成績を挙げられるのかというと非常に疑問です。

 

以下ではインデックスの下落局面を抑制しながら高いリターンを出しているファンドを紹介していますのでご覧ください。

締め括り

 

堅実複利運用

おすすめ投資先ランキング

長期で資産を着実に育てる

 

資産運用で資産を増やす方法は様々あります。効率を求めるのであれば、株式投資が最良の選択肢であることは疑いようのない事実です。

過去の歴史を見ると、それは火を見るより明らかです。「市場が伸びるところ」が最も効率よいです。苦労なく成果を挙げられます。

 

各資産の超長期リターン

 

しかし、株式投資も医者になるくらい勉強をしなければ勝てません。であれば、我々は早々にリスクの高い個別株投資という選択肢は捨てるべきです。

そして、投資のプロが運用する「ファンド」(投資信託、ETF、ヘッジファンド)を選ぶべきなのです。

ここでファンド選びが最も大切です。長年、筆者も資産運用を実施してきました。

 

結局は絶対にマイナスになる年を作らない、小さい利回りでも良いのでしっかりプラスを出す、それを長年続けるファンド。このようなファンドを活用することがベストプラクティスであり、正しい資産運用です。資産が強烈に伸びていきます。

 

上記の条件を主眼に置きながら、筆者のポートフォリオを構成するファンドを中心にランキング記事を作成してみましたので参考にしてみてください。

 

堅実複利運用

おすすめ投資先ランキング

長期で資産を着実に育てる

 

-日本の投資信託(含むETF)分析