za

no image

日本の投資信託(含むETF)分析

【愛称:日本AI(あい)】高いリターンが評判のAI日本株式オープンを徹底評価する!

2022/5/16  

「AI日本株式オープン」とテーマ、ストーリー銘柄ど真ん中という商品を本日は調査してみたいと思います。 AIとは人工知能のことです。期待が持てそうな投資信託ですが、実際はどうなのでしょうか? &nbsp ...

no image

日本の投資信託(含むETF)分析

スパークス・ベスト・ピック・ファンド(H型) の評判とそのリターンを含めて徹底評価!ポートフォリオにはソニーやソフトバンクなどお馴染みの割高懸念銘柄が揃う

2022/5/16  

ヘッジファンド型の投信「スパークス・ベスト・ピック・ファンド」の実際の成績を見ていきたいと思います。 私の周りの評判ではまだなんとも言えない、と曖昧な返答しかないのですが、この少数精鋭のポートフォリオ ...

no image

日本の投資信託(含むETF)分析

三井住友DSアセットマネジメントの「マイ・ウェイ・ジャパン」(TOPIX先物&日本株)の評判とそのリターンとは?様々な角度からわかりやすく評価!

2022/5/19  

ヘッジファンド型の投信「マイ・ウェイ・ジャパン」の実際の成績を見ていきたいと思います。 TOPIX先物と日本株で運用するとのことで、実際のところはどうなのでしょうか?詳しく見ていきたいと思います。 ふ ...

no image

日本の投資信託(含むETF)分析

【FWヘッジFセレクト】評判の「ダイワファンドラップ ヘッジファンドセレクト」は魅力的?大和証券が取り扱うファンドラップシリーズを紐解く

2022/5/19  

ヘッジファンドは欧米の富裕層の間では一般的な選択肢になってきています。世界全体のヘッジファンドの運用残高は3兆ドル(約300兆円)を超えてきています。   日本の国家予算が100兆円であるこ ...

no image

日本の投資信託(含むETF)分析

良く耳にする「たわらノーロード」とはどんな商品群なのか?評判をチェック。一般的なインデックスファンドであることは理解。

2022/5/19  

投資信託の購入を検討しているとよく話題になるのがたわらノーロードです。 でも「たわらノーロード」ってなんなんでしょうね。よくわからないネーミングですが、これも見ていきたいと思います。   た ...

no image

日本の投資信託(含むETF)分析

三井住友DSアセットマネジメントが運用するニッポン中小型株ファンドのリターンは評判通り?様々な角度から評価。年率リターンは優秀であるも中小型株ファンドの宿命、ボラティリティが高く優先順位は下がる

2022/5/19  

国内小型バリューファンドである「ニッポン中小型株ファンド」の実際の成績を見ていきたいと思います。 純資産は130億円程度の中規模ファンドです。     ニッポン中小型株ファンドの特 ...

no image

日本の投資信託(含むETF)分析

手数料が高い?三井住友トラストが運用する「世界経済インデックスファンド」はおすすめできる?利回りや今後に見通しを含めて徹底評価!

2022/5/25  

世界経済が拡大していくことは間違いないとして世界経済に一括で投資できる投資信託に投資をしている方も多いのではないでしょうか? 当ブログでも以前、全世界に投資するファンドとして「セゾン資産形成の達人ファ ...

no image

日本の投資信託(含むETF)分析

【ブログ更新】評判の情報エレクトロニクスファンドを今後の見通しを含めて徹底評価!

2022/5/25  

2020年に発生したコロナショック以降、ハイテク企業が世界的に大きく上昇していきました。 そのため、日本でも日本のハイテク企業に投資をおこなっていた情報エレクトロニクスファンドが大きく基準価格を上昇さ ...

no image

日本の投資信託(含むETF)分析

コモンズ投信が新たに運用を開始した「ザ・2020ビジョン」をわかりやすく評価する!コモンズ30ファンドよりも有望と評判だが実態はどうか?

2022/7/11  

日本にはひふみ投信やセゾン投信をはじめとして多くの独立系の投資信託が存在しています。独立系投資信託とは運用から販売まで一貫して行う投資ファンドです。 その中でも比較的有名な独立系投信としてコモンズ投信 ...

no image

資産3000万円超え向けの運用法

40歳で貯金3000万円を超えたら?投資する時に考えるべきこと。老後資産1億円を目指した資産運用を考えよう

2022/6/27  

サラリーマン生活も半ばに差し掛かる40歳。 人生100年時代を考えても折り返しに近いラインになります。40歳を超えたあたりから徐々に老後費用について本格的に考える方も出てくるのではないでしょうか? & ...